イー・アクセス、子会社のアッカ・ネットワークス株券等に対する公開買付けを開始 | RBB TODAY

イー・アクセス、子会社のアッカ・ネットワークス株券等に対する公開買付けを開始

エンタープライズ その他
 イー・アクセスは29日に、子会社であるアッカ・ネットワークスの普通株式及び新株予約権を、公開買付けにより取得することを決定した。

 アッカ側はこの発表に対し、公開買付けに応じるとのこと。また買付先と見られるNTT Comは「TOBに応じるか否か、それを公表するかどうかも含めて、現時点での決定事項はない」とのコメントを発表している。

 イー・アクセスはアッカの発行済株式総数の45.10%(78,575 株)を保有しており、上限及び下限を設定せず買付けを行うとしている。

 イー・アクセスは、DSLとISP(AOL)という既存事業による安定した財務基盤のもと、イー・モバイルなどの携帯電話サービス事業が堅調であると同時に、アッカがDSL/FTTHおよび無線ブロードバンドサービスを重層的に提供するデュアル・ブロードバンド・アクセス・プロバイダーとして新たな成長を目指していることを踏まえ、協調して事業を進めてきた。しかしながら、1つの事業グループとしてより一体的な経営の実現に向かうために本公開買付けを行うとの決断に至ったとしている。公開買付けの終了後は、イー・アクセスを存続会社とし吸収合併を実施する予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top