「KDDI IP-VPN ブロードバンドValue パック」がフレッツ 光ネクストに対応 | RBB TODAY

「KDDI IP-VPN ブロードバンドValue パック」がフレッツ 光ネクストに対応

 KDDIは16日より、企業向けデータ通信サービス「KDDI IP-VPN ブロードバンドValue パック」のアクセスメニューとして、NTT東日本・西日本の「フレッツ 光ネクスト」に対応する品目を追加、申込み受付を開始する。

ブロードバンド その他
プランF追加品目
  • プランF追加品目
  • with F+ 追加品目
 KDDIは16日より、企業向けデータ通信サービス「KDDI IP-VPN ブロードバンドValue パック」のアクセスメニューとして、NTT東日本・西日本の「フレッツ 光ネクスト」に対応する品目を追加、申込み受付を開始する。

 料金プランである「プランF」および「with F+」に、従来の「フレッツ・ADSL」「Bフレッツ」「フレッツ・光プレミアム」に加えて、「フレッツ 光ネクスト」に対応する品目を追加するという。

 「プランF」(NTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線を顧客側が手配するプラン)追加品目では、フレッツ光 ネクスト 回線でファミリー、マンション (LAN配線方式/VDSL方式/光配線方式)サービスタイプがKDDI IP-VPN基本料金税込2,625円、KDDI専用IP網利用料2,625円、ルータレンタル料2,835円などで利用可能となる(フレッツ料金別)。

 「with F+」(NTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線の申込から開通サポート・料金請求・故障受付・手配窓口までをKDDIが一元的に提供するプラン)追加品目では、光回線でF+ファミリーX (E/W)サービスタイプが、KDDI IP-VPN基本料金税込2,625円、KDDI専用IP網利用料4,200円、F+アクセス回線料金5200円(東日本)/5400円(西日本)、ルータレンタル料2,835円などで利用可能となる。

 KDDIでは、品目バリエーションが増えたことで、IP-VPNにおける低コストのアクセスメニュー選択の幅が広がり、小規模拠点向けやバックアップ回線として、各顧客が導入しやすくなったとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top