ヤマハ、HiFiオーディオアンプとCDプレーヤーのエントリーモデル | RBB TODAY

ヤマハ、HiFiオーディオアンプとCDプレーヤーのエントリーモデル

 ヤマハは、プリメインアンプ「A-S700」とCDプレーヤー「CD-S700」を発表。11月中旬発売する。カラーはいずれもシルバー。価格はA-S700が73,500円、CD-S700が60,900円。

IT・デジタル その他
A-S700
  • A-S700
  • CD-S700
 ヤマハは、プリメインアンプ「A-S700」とCDプレーヤー「CD-S700」を発表。11月中旬発売する。カラーはいずれもシルバー。価格はA-S700が73,500円、CD-S700が60,900円。

 同製品は、2007年12月に同社から発売されたプリメインアンプ「A-S2000」、SA-CD&CDプレーヤー「CD-S2000」のデザインを受けついだHiFiコンポーネントシリーズのエントリーモデルとしての位置づけ。5月に発売されたプリメインアンプ「A-S1000」、CDプレーヤー「CD-S1000」に続くモデルとなっている。

 A-S700は、出力段にパワーを増すために素子を並列に接続したパラレルプッシュプル構成を採用したプリリメインアンプ。左右対称の基板レイアウトにすることでチャンネルセパレーションを高め、正確な音場再現を可能にしている。

 また、左右独立アルミ押し出し材ヒートシンク、筺体剛性を高める「センター補強バー」と不要共振を抑制する「アートベース」を効果的に組み合わせたシャーシ設計を採用。音質の良さをトータルで追及している。

 定格出力は90W×2。実用最大出力は140W。音声入力×6/音声出力×2。本体サイズは幅435×高さ151×奥行き382mm。重さは10.9kg。付属品はリモコン/単3乾電池2本/電源コード2mなど。

CD-S700は、バーブラウンの192kHz/24bit対応の高精度D/Aコンバーターを採用したCDプレーヤー。薄型のCDトレイを備えた新型ローディング機構で、静かでスムースな動作を実現。

 本体ディスプレイを消灯するとともにデジタル出力回路も停止し、アナログ音声出力の最高品位が得られるピュアダイレクトモードを装備する。

 再生メディアは音楽用SA-CD/CD/CD-R/RW(MP3、WMA再生可)。SN比は110dB以上。 音声出力端子は光デジタル/同軸デジタル/アナログRCA1。本体サイズは幅435×高さ96×奥行き300mm。重さは6.2kg。付属品はリモコン/単3乾電池2本/電源コード2mなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top