アイ・オー、地デジ搭載のフルHD対応21.6型ワイド液晶ディスプレイなど | RBB TODAY

アイ・オー、地デジ搭載のフルHD対応21.6型ワイド液晶ディスプレイなど

 アイ・オー・データ機器は29日、「CEATEC JAPAN 2008」にて出展予定の液晶ディスプレイ2製品の仕様を公開。地上デジタルチューナー内蔵の21.6型モデル「LCD-DTV222XBR」と、HDMI搭載21.5型モデル「LCD-MF221X」の2製品で、いずれも価格や発売日など詳細は未定としている。

IT・デジタル ノートPC
LCD-DTV222XBR
  • LCD-DTV222XBR
  • LCD-MF221X(ブラック/ホワイト)
 アイ・オー・データ機器は29日、「CEATEC JAPAN 2008」にて出展予定の液晶ディスプレイ2製品の仕様を公開。地上デジタルチューナー内蔵の21.6型モデル「LCD-DTV222XBR」と、HDMI搭載21.5型モデル「LCD-MF221X」の2製品で、いずれも価格や発売日など詳細は未定としている。

 2製品はいずれも、9月30日より開催される日本最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」にて出展予定のワイド液晶ディスプレイ。1,920×1,080ピクセルのフルHD解像度に対応した縦横比16:9の液晶パネルを装備するほか、HDMI端子およびHDCP対応DVI-D端子を装備。またI/P変換回路の搭載により、画面ボケやジャギーを低減しHD映像の滑らかな表示をサポートする。液晶パネルのスペックは、輝度300cd/m2、コントラスト比1,000:1、応答速度5ms、視野角は上下160度/左右170度。

 21.6型モデルLCD-DTV222XBRは、地上デジタルチューナーを搭載しており、字幕放送、電子番組表(EPG)に対応。子画面で地デジ視聴も可能なPinP機能を搭載する。スピーカーはサラウンド機能を搭載するSRS TruSurround XTステレオスピーカー(2.5W×2ch)を内蔵。HDMI端子は2系統装備する。本体サイズは幅522×高さ411×奥行き215mmで、重さは6.6kg。カラーはブラックのみ。

 21.5型モデルLCD-MF221Xは、ダイナミックコントラストを向上させる機能「Dynamic Contrast Ratio」を搭載。DCR ON時には最大コントラスト比10,000:1を実現する。本体サイズは幅510×高さ401×高さ170mmで、重さは4.3kg。カラーはブラック/ホワイトの2色を用意する。
《花》

関連ニュース

特集

page top