NTTドコモ、船舶向けGSM携帯電話キャリア・Blue Ocean Wirelessの普通株式約11.5%を取得 | RBB TODAY

NTTドコモ、船舶向けGSM携帯電話キャリア・Blue Ocean Wirelessの普通株式約11.5%を取得

 NTTドコモは11日、船舶向けGSM携帯電話サービスを提供するアイルランド・Blue Ocean Wirelessに対して、第三者割り当て増資により普通株式総数の約11.5%を約1,000万ドル(約11億円)で取得した。

エンタープライズ モバイルBIZ
Blue Ocean Wireless社の株主構成図
  • Blue Ocean Wireless社の株主構成図
 NTTドコモは11日、船舶向けGSM携帯電話サービスを提供するアイルランド・Blue Ocean Wirelessに対して、第三者割り当て増資により普通株式総数の約11.5%を約1,000万ドル(約11億円)で取得した。

 Blue Ocean Wirelessは、船上に衛星用アンテナとGSM基地局、および変換用機器を設置し、衛星電波を専用ソフトウェアによって汎用なGSM方式に変換することにより、船上からの通信を可能とするサービスを提供する企業。遠洋航海中の船舶上からも一般のGSM携帯電話を利用した音声、およびSMSの発着信が可能となるほか、効率的な通信帯域の利用により、通常の衛星電話と比較して低コストで運用できるのが特徴だ。

 NTTドコモでは、今後は、フィリピンの通信事業者Philippine Long Distance Telephone Companyの子会社、フィリピン・SMART Communicationsと連携の上、船舶上で利用可能な通信サービスの利便性向上に向けてBlue Ocean Wirelessを支援していくとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top