ドコモ、デジタルペンを用いた法人業務向けASP「MobilePenサービス」の提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、デジタルペンを用いた法人業務向けASP「MobilePenサービス」の提供開始

 NTTドコモは9月1日より、デジタルペンを利用した業務処理が可能なASPサービス「MobilePenサービス」の提供を開始する。

エンタープライズ その他
サービスイメージ図
  • サービスイメージ図
  • デジタルペンの構造
  • 読み取り原理
 NTTドコモは9月1日より、デジタルペンを利用した業務処理が可能なASPサービス「MobilePenサービス」の提供を開始する。

 各種金融商品の申込受付業務、保守点検などの作業報告業務、アンケート業務などを行う法人企業様向けに提供するもので、Bluetooth対応の携帯電話とデジタルペンを用いて、各種申込書などにデジタルペンで記入された情報を、FOMAパケット通信にて即時にサーバーに送信できる。

 記入内容を即時にデジタル化して送信し、事務処理センターなどに紙やFAXを送信する必要がないため、受付完了までの作業時間短縮による業務効率化、個人情報漏洩防止などのセキュリティ向上が期待できるとのこと。さらに、ドコモがサービス利用に必要なプラットフォームを構築しASP型で提供することから、企業側で専用のシステムを構築する必要がなく、導入期間の短縮や、初期・運用費用の抑制が期待できるとしている。

 「MobilePenサービス」専用デジタルペンにはスウェーデンのアノト社(AnotoAB社)の技術を採用。デジタルペンには、カメラ、筆圧センサー、Bluetoothアンテナ、バイブレータなどが搭載されており、微細のドットが印刷された専用紙にペンで文字を書くと、ペンに内蔵されたカメラがドットを読み取り、ペンの軌道をデータ化することができる。

 初期費用(ASP初期登録料および「MobilePenサービス」専用デジタルペンの購入費用)、ASP月額利用料金が必要。対応機種はP903i、P904i、P905i、P906i。

 9月1日より全国のドコモ法人営業部門で受付開始する。なお、ドコモでは、現在提供しているクレジットサービス「DCMX」において、イベント会場などにて「MobilePenサービス」を利用した申込受付を、2008年9月より開始するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top