スカパー!、ハイビジョン放送「スカパー!HD」を10月1日より放送開始〜計15チャンネルからスタート | RBB TODAY

スカパー!、ハイビジョン放送「スカパー!HD」を10月1日より放送開始〜計15チャンネルからスタート

 スカイパーフェクTVは2日、スカパー!において2008年10月以降に開始するハイビジョン放送「スカパー!HD」の内容について発表した。

ブロードバンド その他
スカイパーフェクTVの新サービスブランド体系
  • スカイパーフェクTVの新サービスブランド体系
 スカイパーフェクTVは2日、スカパー!において2008年10月以降に開始するハイビジョン放送「スカパー!HD」の内容について発表した。

 それによると、2008年10月1日から開始するハイビジョン放送を第一期、2009年10月から開始するハイビジョン放送を第二期とし、第一期となるチャンネルはPPV(ペイ・パー・ビュー)チャンネルを含む計15チャンネル、第二期には計70チャンネル以上のハイビジョン放送へと段階的に拡大する予定になっている。放送においては世界でも最新となる伝送方式「DVB-S2」と圧縮方式「H.264|MPEG-4 AVC」を採用、有料多チャンネルハイビジョン放送としてサービスを拡充する予定。なおスカパー!光におけるハイビジョン放送は、スカパー!HDの第二期以降で2009年度内の開始を予定している。第一期開始のハイビジョンチャンネルは、「パーフェクトチョイス」「スカチャンHD」などのPPV4チャンネル、スポーツ1チャンネル(J sports Plus)、「フジテレビCSHD」などの総合エンターテイメント系3チャンネル、「スターチャンネル ハイビジョン」などの映画4チャンネル、海外ドラマ1チャンネル(FOX HD)、アダルト2チャンネルの計15チャンネル。

 また今回開始するハイビジョンサービスは現行の標準画質サービスと同じスカパー!サービスの1つとなり、スカパー!サービスに加入している場合には、あらたな加入料・基本料は不必要。ただし従来のスカパー!の標準画質放送用の受信機ではハイビジョンチャンネルの放送は視聴できない。

 なおスカイパーフェクTVでは、今回のハイビジョン放送発表に合わせ、サービスブランド体系を一新した。放送サービス全体を示すサービス総称を「スカパー!」とし、従来のスカパー!専用チューナーで標準画質放送を視聴できるサービスを「スカパー!SD」、標準画質放送とハイビジョン放送の両方視聴できるサービスを「スカパー!HD」とする。また東経110度の通信衛星を利用したサービスの「e2 by スカパー!」のサービス名称を「スカパー!e2」へ変更する。光ファイバーを利用したサービスの「スカパー!光」は変更はない。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top