三菱電機IT、統合ログ収集・分析システム「LogCatcher for LanScope Cat」発売 | RBB TODAY

三菱電機IT、統合ログ収集・分析システム「LogCatcher for LanScope Cat」発売

 三菱電機インフォメーションテクノロジーは27日より、エムオーテックスのネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」が生成するクライアント操作ログやネットワーク操作ログを自動収集・保管・管理する「LogCatcher for LanScope Cat」の販売を開始する。

エンタープライズ その他
統合ログ収集・分析システム LogCatcher for LanScope Catの構成
  • 統合ログ収集・分析システム LogCatcher for LanScope Catの構成
 三菱電機インフォメーションテクノロジーは27日より、統合ログ収集・分析システム「LogCatcher」シリーズの新製品として、エムオーテックスのネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」が生成するクライアント操作ログ(操作記録)やネットワーク操作ログを自動収集・保管・管理する「LogCatcher for LanScope Cat」の販売を開始する。

 「LogCatcher for LanScope Cat」は、長期間に発生するログデータを大福帳データベースに効率的に圧縮保管することが可能で、たとえば、5年間にクライアント約100台で発生する2億件(50GB)程度のLanScope Catのログデータを1/10の5GBに圧縮できる。大福帳形式なので改ざんすることはできず、2億件のログデータを約20秒で高速に検索できる。また監査ニーズにも対応する44種類のテンプレートを標準搭載し、ブラウザやExcelで容易にレポートの作成が可能となっている。

 さらに、万一情報が流失した場合でも、対象データの複製、移動、削除の途中経過の変遷をたどり、大本となるデータを即座に探索する新機能「ルート探索」にも対応し、簡単な操作でログデータから機密情報の漏洩経路を探索することも可能だ。

 年間使用料は初年度71万4千円、次年度39万9千円〜。年間での販売目標は300セットとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top