日本HPとUBIC、訴訟対応の“デジタル捜査”分野で協業〜企業向けに内部調査パッケージを提供 | RBB TODAY

日本HPとUBIC、訴訟対応の“デジタル捜査”分野で協業〜企業向けに内部調査パッケージを提供

エンタープライズ その他
モバイルフォレンジングキット HP Compaq 8510w Mobile Workstation/AccessData FTK2.0/専用スーツケース/フォレンジック用ハードウェア
  • モバイルフォレンジングキット HP Compaq 8510w Mobile Workstation/AccessData FTK2.0/専用スーツケース/フォレンジック用ハードウェア
 日本ヒューレット・パッカードとUBICは30日に、「デジタルフォレンジック」分野で協業することを発表した。

 両社は、UBICが提供するフォレンジックソフトウェアツール「AccessData  Forensic ToolKit  2.0」とHPのワークステーションを統合した「フォレンジックワークステーションモデル」を同日より提供開始する。

 「デジタルフォレンジック」とは、不祥事対応や法的紛争・訴訟に対し、デジタルデータについての証拠保全および調査・分析を行うとともに、デジタルデータの不正な変更・消去等についての分析・情報収集等を行う一連の科学的調査手法・技術のこと(「デジタル・フォレンジック事典:日科技連出版」より)。主にPC 本体やPCのメモリー部分、外部記憶媒体に保存されているデータを対象とするもので、「デジタル捜査」「デジタル鑑識」とも呼ばれている。近年、民間企業においても、情報漏洩調査やコンプライアンス強化などの目的で、自社に調査機能を置くというニーズが高まってきている。今回の両社の協業は、それらニーズに対応するもの。

 「フォレンジックワークステーションモデル」は、インテルCore2 Duo T9300/T8100プロセッサ搭載のモバイルワークステーションを用いた現地調査向け「モバイルフォレンジックキット」(HP Compaq 8510w Mobile Workstation/AccessData FTK2.0/専用スーツケース/フォレンジック用ハードウェア)と、インテルXeonプロセッサ2基搭載可能なxw6600、省電力・低発熱なインテルCore2 Quad/インテル Core2 Duoを搭載するxw4600を核とする「ワークステーションパッケージ」(HP xw6600 WorkstationまたはHP xw4600 Workstation/AccessData FTK2.0)の2種類が提供される。参考価格は「モバイルフォレンジックキット」が250万円〜、「ワークステーションパッケージ」が115万円程度〜(HP xw4600 Workstationモデルの場合)。ともに初年度保守込み。

 なおこれらパッケージ以外にも、証拠保全ツール等を用いたフォレンジックラボ(ファシリティ)の構築をソフトウェア・ハードウェアの両面からサポートするとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top