米Intel、IDF Fall 2008にてCoreマイクロアーキテクチャーのロードマップを公開 | RBB TODAY

米Intel、IDF Fall 2008にてCoreマイクロアーキテクチャーのロードマップを公開

 米Intelは19日、米国サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム Fall 2008」において、同社のロードマップを公開した。

エンタープライズ その他
 米Intelは19日、米国サンフランシスコで開催中の開発者向け会議「インテル・デベロッパー・フォーラム Fall 2008」において、同社のロードマップを公開した。

 次世代プロセッサーの第一弾は、「インテル Core i7プロセッサー」ブランドのデスクトップPC用プロセッサーと開発コード名「Nehalem-EP」の高性能サーバー用製品となっている。また、2009年後半には開発コード名「Nehalem-EX」で呼ばれる拡張型サーバー市場向け製品、および開発コード名「Auburndale」、「Clarksfield」で呼ばれるノートブックPC向け製品がリリースされる予定だ。

 次世代のインテルCoreマイクロアーキテクチャーは、インテルハイパースレッディング・テクノロジーも搭載していて、初期バージョンでは4コアで最大8スレッドを処理できるほか、プロセッサー、チップセット、およびメモリを相互に接続する「QuickPathインターコネクト」により、全世代のCoreマイクロアーキテクチャー・ソリューションの最大3倍のメモリ帯域幅を実現している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top