PCM形式でAM/FM放送を録音できるラジオバンク——SDメモリカードスロット搭載 | RBB TODAY

PCM形式でAM/FM放送を録音できるラジオバンク——SDメモリカードスロット搭載

 ベセトジャパンは25日、ラジオ番組を1GBの内蔵メモリに録音できるラジオバンク「DRS-100」を発表。8月9日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は24,800円前後。

IT・デジタル その他
DRS-100
  • DRS-100
  • SDメモリカードスロット
 ベセトジャパンは25日、ラジオ番組を1GBの内蔵メモリに録音できるラジオバンク「DRS-100」を発表。8月9日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は24,800円前後。

 同製品は、1GBの内蔵メモリを搭載し、最長約167時間の録音が可能なラジオ。放送中のAM/FMラジオ番組をワンボタンで録音できたり、高音質のPCM録音に対応する。予約設定は最大20件まで可能。早朝、深夜に録音した放送番組などを時間のあるときに聴ける。

 SDメモリカードスロットを搭載し、MP3やWMA形式のファイルを再生可能。録音したいラジオ番組をSDメモリカードに直接保存することもできる。また、USB端子を利用してPCと接続することで、内蔵メモリ内のデータ移動が可能になる。

 そのほか、搭載マイクを使ったボイスレコーダー機能や、NHK第2放送の時報を利用した自動時間補正機能などを備える。

 スピーカーは2W×2。受信可能周波数はFM76.0〜90.0MHz/AM522〜1611kHz。バッテリはACアダプタと単3形乾電池×4本。本体サイズは幅196×高さ97.2×奥行き95mmで、重さは約640g。付属品はACアダプタ/カードリモコンなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top