「お台場冒険王ファイナル」で、顔認識可能なデジタルサイネージシステムが稼働〜顔認識による効果的な広告配信から効果測定まで | RBB TODAY

「お台場冒険王ファイナル」で、顔認識可能なデジタルサイネージシステムが稼働〜顔認識による効果的な広告配信から効果測定まで

 NECは17日、フジテレビジョンに対し、顔認識技術を用いて顧客属性(性別・年齢層)に合わせた広告を電子ディスプレイに配信し広告価値測定まで行う「デジタルサイネージソリューション」を導入したことを発表した。

ブロードバンド その他
デジタルサイネージソリューションのイメージ
  • デジタルサイネージソリューションのイメージ
 NECは17日、フジテレビジョンに対し、顔認識技術を用いて顧客属性(性別・年齢層)に合わせた広告を電子ディスプレイに配信し広告価値測定まで行う「デジタルサイネージソリューション」を導入したことを発表した。フジテレビが7月19日から8月31日まで開催する「お台場冒険王ファイナル」で稼動する。

 NECの「デジタルサイネージソリューション」は、広告配信・表示システムと広告価値測定システムを組み合わせたもので、地域・時間・ターゲット顧客の属性など複雑な条件設定による広告配信や、広告を見た人が関心を示したかなどの広告効果測定が可能となっている。「お台場冒険王ファイナル」では、アトラクション「ゲゲゲの鬼太郎妖怪ツアーズ(おい鬼太郎!わしには見えるのじゃ)」内に電子ディスプレイを設置し、併設したカメラ映像から、ディスプレイの前に立った来場者の性別・年齢層を識別、あらかじめ用意された15種類の広告の中から属性に合わせたものを配信、同時に、来場者の携帯電話のFeliCaを介して、属性に合わせた電子クーポンも配信する。このクーポンは、アトラクション内の店舗で実際に使われたかどうかまで確認可能となっており、きめ細かなターゲティング広告の実現とその広告効果測定が実現するもの。

 なお顔認識技術を用いた広告配信・広告価値測定システムの実運用は、国内で初となるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top