地震計を使ってより体感的な地震情報ネットワークを〜モニターも募集 | RBB TODAY

地震計を使ってより体感的な地震情報ネットワークを〜モニターも募集

 ウェザーニュースでは、地震による揺れ具合いを専用機器を使って計測する「Yure プロジェクト」を実施。専用機器を設置してくれる人を200名募集している。

エンタメ その他
 ウェザーニュースでは、地震による揺れ具合いを専用機器を使って計測する「Yure プロジェクト」を実施。専用機器を設置してくれる個人を200名募集している。

 岩手・宮城内陸地震、中国・四川省大地震など、地震に関する関心が高まっているなか、「Yure プロジェクト」は、揺れを観測することのできる機器「Yure Station」を全国1,応募は000人に無償で配布し、あらゆる“日本の揺れ”を観測するネットワークを構築する試み。地震などがあった際の自宅の“揺れ”の影響など、日本のあらゆる“揺れ”を計る。観測にあたっては、“揺れ”を計測する専用機器「Yure Station(ユレ ステーション)」を無償で貸与し、自宅や企業、学校などに設置してもらう。この「Yure Station」から収集されたデータは、ウェザーニュースのインターネットサイトにて、リアルタイムで表示される。気象庁が発表する震度などの情報とは別に、“より体感的”な揺れ情報を提供していこうというものだ。

 プロジェクトは、1,000人規模で実施する予定だが、先行実施として6月30日まで全国から参加者を200名を募集。応募はウェザーニュース内の特設サイト「Yure プロジェクト」から。8月以降、残りの800名の募集を行う。地域の“Yure Station”として、貴重な情報を発表していこうという思いのある方にぜひ、と呼びかけている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top