NEC、「NC7000シリーズ」NGN SIP対応データゲートウェイや位置情報提供基盤を新発売 | RBB TODAY

NEC、「NC7000シリーズ」NGN SIP対応データゲートウェイや位置情報提供基盤を新発売

 NECは、次世代ネットワーク(NGN)に対応したネットワークサービス基盤ソフトウェア「NC7000シリーズ」の新製品2点の販売を開始した。

エンタープライズ その他
SIPデータゲートウェイ「NC7000-SD」の主な特長
  • SIPデータゲートウェイ「NC7000-SD」の主な特長
  • 位置情報提供基盤製品「NC7000-LE」の主な特長
 NECは、次世代ネットワーク(NGN)に対応したネットワークサービス基盤ソフトウェア「NC7000シリーズ」の新製品2点の販売を開始した。
 企業/ISP/ASPがNGN上でアプリケーションを実行するためのゲートウェイ「NC7000-SD」、およびモバイルキャリアの位置情報サーバから位置情報を取得し、外部サーバへ提供を行う「NC7000-LE」となる。

 「NC7000-SD」は、NGN上で非対応アプリを利用可能にするNGN SIP対応のSIPデータゲートウェイ製品。NGN上でSIPを終端しデータパス(伝送路)を生成する機能により、企業/ISP/ASPは既存汎用システムやNGN SIP非対応製品に改変を加えることなく、NGN網に接続することが可能となる。また、セッションのアクセス元がNGNユーザかどうか判定するAPIも利用可能。

 「NC7000-LE」は、モバイルキャリアが端末の位置情報を他事業者へ提供しやすくするための、位置情報提供基盤製品。通信事業者内の位置情報サーバから、MLPなどのOMA(Open Mobile Alliance)準拠プロトコルにより、端末の位置情報を収集/外部提供する。さらに位置情報の利用を促進する機能として、ネットワーク内で収集した端末の位置情報を、プレゼンス情報として端末に代わりプレゼンスサーバへ送信するPNA機能、取得した位置情報を蓄積して通信事業者の位置情報サーバにかかる負荷を軽減する位置情報キャッシュサーバ機能等が用意されている。

 新製品の価格はいずれも個別見積もりであり、NECは両製品あわせて今後3年間に100システムの販売を計画中とのこと。なお、NECは「NC7000シリーズ」を、「Interop Tokyo 2008」(6月11日〜13日@幕張メッセ)に出展の予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top