富士通とマイクロソフト、「富士通Hyper-V仮想化センター」を共同で設立〜仮想化システムの構築を支援 | RBB TODAY

富士通とマイクロソフト、「富士通Hyper-V仮想化センター」を共同で設立〜仮想化システムの構築を支援

 富士通とマイクロソフトは28日、「富士通Hyper-V仮想化センター」を富士通の総合検証センター「Platform Solution Center」(東京都港区)内に共同設立したことを発表した。

エンタープライズ その他
 富士通とマイクロソフトは28日、「富士通Hyper-V仮想化センター」を富士通の総合検証センター「Platform Solution Center」(東京都港区)内に共同設立したことを発表した。

 両社は、共同での開発・検証やグローバルにおけるマーケティング活動などで連携してきたが、その一環として、PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と「Microsoft Windows Server 2008」に標準で実装される仮想化テクノロジー「Hyper-V(ハイパーブイ)」による仮想化システムの構築を支援するもの。

 「富士通Hyper-V仮想化センター」は、富士通グループならびにパートナー企業各社のSE・営業を対象に、「Hyper-V」による仮想化システムの導入検討、設計、構築フェーズにおける商談支援および技術支援窓口として活動し、移行やサイジングに必要な技術情報・ノウハウを提供する。また、マイクロソフトの「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008」など、各種ツール・テクノロジーも提供する。さらに「Hyper-V」に関する技術研修・教育を実施し、「Hyper-V」エンジニアを育成する予定。

 「富士通 Hyper-V 仮想化センター」の体制としては、両社より専任の技術者が集結、サーバ総数320台の検証環境を用意するという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top