ビクターとケンウッド、経営統合で合意——10月に共同持株会社設立へ | RBB TODAY

ビクターとケンウッド、経営統合で合意——10月に共同持株会社設立へ

IT・デジタル その他

現ケンウッド会長の河原春郎氏
  • 現ケンウッド会長の河原春郎氏
 日本ビクターとケンウッドは12日、経営統合することで合意に達したと発表。6月27日開催の株主総会での承認を前提として、10月1日付けで共同持株会社「JVC・ケンウッド・ホールディングス」を設立する。

 両社は昨年7月に、経営統合を目標とする資本業務提携契約を締結し、同年8月には、ビクターがケンウッドとスパークス インターナショナル リミテッドが運用する投資ファンドに対して第三者割当増資を実施し、構造改革を進めてきた。また、同年10月には技術開発合弁会社「J&Kテクノロジーズ」を設立し、カーエレクトロニクスおよびホーム/ポータブルオーディオの各事業において協業を開始している。

 今回の経営統合によるシナジー効果として、3年後に300億円の売り上げ増、100億円の利益増加を見込んでいる。柱となる事業はカーエレクトロニクス、ホーム&モバイルエレクトロニクス、業務用システム、エンタテインメントの4つの事業としており、さらに新たな「第5の事業」も模索する。なお、代表取締役会長には現ケンウッド会長の河原春郎氏、代表取締役社長には現ビクター社長の佐藤国彦氏が就任する予定としている。
《花》

関連ニュース

特集

page top