女性や若年層は無料通話用に携帯を複数所持〜アイシェア調べ | RBB TODAY

女性や若年層は無料通話用に携帯を複数所持〜アイシェア調べ

 アイシェアは2日、携帯電話複数台数利用状況の意識調査の結果を発表した。

ブロードバンド その他
携帯電話の複数所有比率
  • 携帯電話の複数所有比率
  • 複数台所有する理由
 アイシェアは2日、携帯電話複数台数利用状況の意識調査の結果を発表した。

 同調査は、同社のブロガー向け情報サイト「ブロッチ」など同社が提供するサービス会員を対象に4月22日から4月25日まで実施されたもの。有効回答は、20代から40代までの男女653人。

 発表によると、携帯電話を2台以上所有する人は全体の21.9%。男性は27.1%と女性を12ポイント上回り、年代別では20代が19.5%、30代では20.5%、40代では25.0%と年代があがるほど複数台所有率が上昇している。

 携帯電話を2台以上所有する143名の普段の持ち歩き状況は、「いつも2台(それ以上)持ち歩いている」が57.3%、「仕事の時など、特定の時だけ複数台持ち歩いている」が31.5%となった。20代では7割以上が常時複数台持ち歩いているが、30代では「常時」が50.0%、「特定の時だけ」が43.5%と減少している。

 複数台所有者のメイン使用キャリアは、「ドコモ」が40.6%、「au」が32.2%、「ソフトバンク」が20.3%となった。サブ使用キャリアは「ソフトバンク」が32.9%、「ドコモ」が22.4%、「ウィルコム」が20.3%、「au」が19.6%の順で、性別、年代別による大きな差は見られなかった。

 複数台使用する理由については、全体では「仕事とプライベートを使い分けるため」が38.5%ともっとも多い。しかし、男性は27.7%が「会社から支給されているから」と回答し、年代別でも30代では30.4%が「会社支給」と答えている。女性では、「同キャリア間だと通話無料だから」が47.6%ともっとも多く、費用面でのメリットが大きく影響している。年代別でも若い年代ほど「通話無料」を理由とする比率が高くなっているため、同社では価格次第でコストに敏感な女性や若いユーザーで2台目需要が高まるかもしれないと分析している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top