バックライト自動調整でコントラストを最適化する液晶ディスプレイ | RBB TODAY

バックライト自動調整でコントラストを最適化する液晶ディスプレイ

IT・デジタル ノートPC
G2200W
  • G2200W
  • G900D
 ベンキュージャパンは25日、コントラストを最適レベルにする技術を搭載したWindows Vista規格対応の液晶ディスプレイ「G2200W」(22型ワイド)と「G900D」(19型)を発売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格は59,800円、39,800円。

 両製品は、映像ソースにあわせてバックライトを自動調整し、コントラストを最適レベルにする技術「DCR(Dynamic Contrast Ratio)」を搭載した液晶ディスプレイ。これにより、コントラスト比はG2200Wが2,500:1、G900Dは2,000:1を実現。明暗がはっきりしない映像でも、メリハリのある映像美を楽しめる。

 同社の独自技術「Senseye+photo(センスアイプラスフォト)」を搭載。画像補正エンジン「Senseye」の4つのアプリケーションモード(スタンダード、ダイナミクス、ムービー、フォト)に、より忠実な色調整が可能なsRGBモードを追加。5種類のアプリケーションモードの設定が可能となり、静止画や動画をよりくっきり鮮やかに映し出せる。

 応答速度は5ms。輝度:300cd/m2。視野角は上下/左右ともに160度。表示色は1677万色のフルカラー。インターフェースはミニD-sub15ピンとHDMI対応の DVI-D。

そのほかの詳細は以下のとおり。

●G2200W
解像度:1,680x1,050ピクセル(WSXGA+)
コントラスト比:1,000:1
本体サイズ:幅512×高さ402×奥行き163mm
重さ:5.3kg

●G900D
解像度:1,280x1,024ピクセル(SXGA)
コントラスト比:800:1
本体サイズ:幅407×高さ409×奥行き157mm
重さ:3.85kg
《近藤》

関連ニュース

特集

page top