AT&T、「Microsoft Surface」を顧客対応に活用 | RBB TODAY

AT&T、「Microsoft Surface」を顧客対応に活用

IT・デジタル モバイル

「Microsoft Surface」
  • 「Microsoft Surface」
  • 「Microsoft Surface」
  • テーブルに置くだけ機能を表示
  • テーブルに置くだけ機能を表示
  • サービスエリアも確認できる
  • サービスエリアも確認できる
 AT&Tは、マイクロソフトの「Microsoft Surface」をショップに導入する。「Microsoft Surface」はテーブル型のタッチスクリーンを搭載した情報端末。17日(現地時間)から、ニューヨーク、アトランタ、サンアントニオ、サンフランシスコのストアで同端末を使ったサービスを開始する。

 顧客は、「Microsoft Surface」に端末を置くことによりディスプレイに表示された携帯電話の機能を閲覧することが可能。2台の端末をディスプレイに置けば、外観とともに機能を比較検討することも容易だ。サービス地域を地図表示したり、将来的には着メロやビデオなどを端末にダウンロードできるようにする。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top