NEC、青森県立美術館にucodeを使った来館者ナビゲーションシステムを導入 | RBB TODAY

NEC、青森県立美術館にucodeを使った来館者ナビゲーションシステムを導入

 日本電気とNECエンジニアリングは2日、青森県立美術館に赤外線屋内位置管理システム「SmartLocator」と携帯情報端末「ユビキタス・コミュニケータ」を組み合わせた「美術館ユビキタス案内システム」を納入し、11月10日より本格サービスを開始する。

エンタープライズ その他
【左】赤外線屋内位置管理システム【右】UCメニュー表示イメージ 
  • 【左】赤外線屋内位置管理システム【右】UCメニュー表示イメージ 
  • UCのメニュー表示イメージ 
  • システムイメージ図
 日本電気とNECエンジニアリングは2日、青森県立美術館に赤外線屋内位置管理システム「SmartLocator」と携帯情報端末「ユビキタス・コミュニケータ」を組み合わせた「美術館ユビキタス案内システム」を納入し、11月10日より本格サービスを開始する。

 美術館ユビキタス案内システムは、来館者に貸し出されたユビキタス・コミュニケータが館内の天井など約70カ所に設置されたSmartLocatorより発信されるucodeを受信することにより、動画や音声・写真・テキストを用いた順路案内ナビゲーションが自動的に表示されるというもの。ユビキタス・コミュニケータに表示されるメニューをタッチ操作して、展示室のコンセプトや作品・作家の解説、美術館情報などのコンテンツの閲覧も可能だ。また、RFIDタグと無線LANを使用した来館者アンケートも用意されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top