松下、ポケットサイズのSDビデオカメラを台数限定web販売——入札方式でのモニター販売も | RBB TODAY

松下、ポケットサイズのSDビデオカメラを台数限定web販売——入札方式でのモニター販売も

IT・デジタル デジカメ
SDR-S7(左からブラック/シルバー)
  • SDR-S7(左からブラック/シルバー)
  • ポケットにスッポリ入るコンパクトサイズ
 松下電器産業は、ポケットサイズのSDビデオカメラ「SDR-S7」を、同社直販サイト「PanaSense(パナセンス)」にて4月25日に発売する。カラーはブラックとシルバーの2色を用意。各色とも600台限定で、直販価格は44,800円。また、同直販サイトでは、入札方式による期間限定モニター販売も行う。入札価格は下限37,800円から上限44,800円で、応募締め切りは4月21日。

 同製品は、本体サイズが幅41×高さ59×奥行き102mm、重さ160gという軽量・コンパクトなデジタルビデオカメラ。被写体の肌色部分だけにソフトフォーカスをかけることで、小さなシミやシワなどを目立ちにくくする「美肌モード」や、暗いところでもカラーで撮影できる「カラーナイトビュー」などの機能を搭載。また、液晶ディスプレイを開いてから撮影可能な状態になるまでの時間を0.6秒としたほか、約3秒間の映像をさかのぼって記録することで、決定的な瞬間を撮り逃さない「プリREC」機能も搭載する。

 1/6型CCDを搭載し、動画撮影時の有効画素数は34万画素(4:3)/30万画素(16:9)。レンズは自動/手動補正絞り10倍電動ズームを備え、開放F値がF1.8〜2.4。焦点距離は35mm判換算で43.9〜439.0mm。電動式の手ブレ補正機能も搭載する。ディスプレイは約12万画素の2.7型ワイド液晶。記録媒体はSD(SDHC)メモリーカードを採用し、16GBのSDHCメモリーカードでは、最高画質のXPモード(ビットレート:約10Mbps)で約3時間20分、標準のSPモード(約5Mbps)で約6時間40分の撮影を可能としている。なお、付属バッテリの連続撮影時間は約1時間10分。
《花》

関連ニュース

特集

page top