松下、光学18倍ズーム搭載「LUMIX」の新モデル——被写体追尾機能を搭載 | RBB TODAY

松下、光学18倍ズーム搭載「LUMIX」の新モデル——被写体追尾機能を搭載

 松下電器産業は、同社製デジタルカメラ「LUMIX」の新ラインアップとして、被写体追尾機能や光学18倍ズームレンズを搭載する「DMC-FZ28」を8月22日に発売する。カラーはシルバー/ブラックの2色を用意。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円。

IT・デジタル デジカメ
DMC-FZ28(左からブラック/シルバー)
  • DMC-FZ28(左からブラック/シルバー)
  • 本体天面
  • 本体背面
 松下電器産業は、同社製デジタルカメラ「LUMIX」の新ラインアップとして、被写体追尾機能や光学18倍ズームレンズを搭載する「DMC-FZ28」を8月22日に発売する。カラーはシルバー/ブラックの2色を用意。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円。

 同製品は、2007年8月に発売された光学18倍ズームレンズ搭載のデジタルカメラ「DMC-FZ18」の後継モデル。従来モデルからの主な変更点として、ズームレンズは35mm判換算で広角27mm〜486mmに対応。デジタルズーム「EX光学ズーム」を搭載し、最大32.1倍(35mm換算866mm)の望遠撮影を可能としている。

 機能面では、被写体の顔の有無・距離などの情報から撮影状況に合ったシーンを自動で判別・設定する「おまかせiA(インテリジェントオート)モード」を改良しており、顔認識機能では、一度検出した顔が横を向いた場合でも追尾を続けることができるようになったほか、新たに、指定した被写体に自動でピントや露出を合わせ続ける動体追尾AF/AE機能「追っかけフォーカス」を採用している。そのほか、高速連写モードでは画質優先時で最高7枚/秒(16:9記録、200万画素相当)、速度優先時で13枚/秒(16:9記録、200万画素相当)の撮影が可能。いずれも一度に100枚までの連続撮影に対応する。

 撮像素子は有効1,010万画素の1/2.33型CCDを搭載。感度はISO100〜1,600に加え、高感度モード時はISO6,400に対応する。画像処理エンジンは「ヴィーナスエンジンIV」を採用。ディスプレイは2.7型液晶を搭載する。

 記録メディアはSD(SDHC)メモリーカード/MMC(静止画のみ)に対応するほか、容量50MBメモリを内蔵。本体サイズは幅117.6×高さ75.3×奥行き88.9mmで、重さは370g。
《花》

関連ニュース

特集

page top