AirMac Expressのスピードを測ってみた! 11nは伊達じゃなかった | RBB TODAY

AirMac Expressのスピードを測ってみた! 11nは伊達じゃなかった

ブロードバンド その他

AirMac Expressの製品パッケージ
  • AirMac Expressの製品パッケージ
  • 本体コネクタ部
  • 通常のイーサ環境での実測値:下り80.47Mbps/上り90.9Mbps
  • 従来からの11gでの実測値:下り10.82Mbps/上り10.03Mbps
  • b/g互換の11nでの実測値:下り46.83Mbps/上り52.21Mbps
  • 5GHzの11nでの実測値:下り52.26Mbps/上り72.26Mbps
 新型AirMac Expressのデリバリーが開始された。アップルによると新しいAirMac Expressは802.11n対応によって802.11gに対して5倍のスピードと2倍の通信範囲といったようにワイヤレス性能を上げつつ価格は11,800円、据え置きとなっている。

 アップルストアで注文すること中1日、自宅に届いたAirMac Expressを開封し、早速ルーターに繋いでみた。自宅の回線はKDDIのひかりOne。MacBookを直接ルーターにEthernet接続した状態でのスピードテスト(http://speed.rbbtoday.com/)は下記の通り。

 しかし、我が家にパソコンはノートブックしかない。日頃は802.11gの無線LANで利用している。ちなみに802.11g無線LANでの計測値は、以下のとおりだ。

 光回線のスピードがここまで絞られてしまっているのだ。家の中でケーブルなしでネットワーク接続ができるのは便利だが、これほど速度が犠牲になるのはちょっと納得がいかないが、11nの実力について検証のしがいがあるというものだ。

 さっそく、試してみよう。AirMac Expressの設定は簡単である。「AirMacユーティリティ」を立ち上げてWEPのパスワードを設定するくらいである。デフォルトは802.11n(802.11b/g互換)になっているのでまずはこの状態で計測。

 5倍ちかくのスピードアップという結果だ。さらにチューンしよう。802.11b/g互換は捨ててスピードを追求したい。

 AirMac Expressの設定では802.11nのみにすることで速度アップを期待できる。2.4GHzと5GHzを選べるが、ここでは他の無線環境との帯域の取り合いを考慮して5GHzで再設定してみた。そこで再計測。

 キターーーーー!

 70Mbpsオーバーのスループットならば、光回線のメリットを十分に活かすことができる。

 最後になったがAirMac Expressには、iTunesの再生音をWi-Fi経由でオーディオ機器に送信できるAirTunesという機能がある。もちろんMac版だけでなく、Win版にも対応している。

 結論として802.11nに対応したAirMac Expressは、光回線&iTunesユーザーにとって安価でパワフルな待望のワイヤレス環境と言えるだろう。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top