ソニー、ノイズキャンセリング機能をデジタル化したヘッドホン——騒音を約99%低減 | RBB TODAY

ソニー、ノイズキャンセリング機能をデジタル化したヘッドホン——騒音を約99%低減

IT・デジタル その他

MDR-NC500D
  • MDR-NC500D
 ソニーは13日、世界で初めてノイズキャンセリング機能をデジタル化し、周囲の騒音を約99%低減することに成功したノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC500D」を発表。4月21日発売で、価格は49,350円。

 従来、ノイズキャンセリング機能はアナログ信号処理で行っていたが、騒音をデジタル信号化して高速処理するデジタルノイズキャンセリングソフトウェアエンジンを開発したことで、デジタル化を実現したという。

 デジタル化によって、アナログ信号処理では得られない綿密なフィルター特性により、ノイズキャンセリング機能を大幅に向上。また、キャンセリング時に起こる再生音への影響を「デジタルイコライザー」が制御することで高音質再生が可能だ。

 型式は密閉ダイナミック型で、ドライバーユニットは口径40mm(CCAWボイスコイル採用) 。周波数帯域は5〜24,000Hzで、感度は102dB/mW。総騒音抑制量は約20dB。インピーダンス40Ω。最大入力100mW。電源はリチウムイオン充電池/単3形乾電池×2。フル充電時の最大使用時間は約16時間。重さは195g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top