価格.comプロダクトアワード2007の大賞5製品発表 | RBB TODAY

価格.comプロダクトアワード2007の大賞5製品発表

IT・デジタル その他

「インテルのCore 2 Duo E6750」「パイオニアのプラズマテレビ KURO PDP-5010HD」
  • 「インテルのCore 2 Duo E6750」「パイオニアのプラズマテレビ KURO PDP-5010HD」
  • 「オリンパスのデジタル一眼レフカメラ E-3」「富士通 FOMA F905i」「松下電器産業の掃除機 MC-P700J」
 カカクコムは20日、ユーザーにもっとも支持された製品を選出する「価格.comプロダクトアワード2007」を発表。大賞5製品に「インテルのCore 2 Duo E6750」「パイオニアのプラズマテレビ KURO PDP-5010HD」「オリンパスのデジタル一眼レフカメラ E-3」「富士通 FOMA F905i」「松下電器産業の掃除機 MC-P700J」がそれぞれ選ばれた。

 選考対象は、「パソコン関連」「AV家電」「生活家電」「カメラ関連」「携帯電話」の5カテゴリ97部門、145,000製品。2007年1月〜12月までのユーザーから寄せられたクチコミ情報や製品レビューをもとに、支持の高い製品を選出した。

 大賞5製品の寸評は以下の通り。

●「Core 2 Duo E6750」
「2つのCPUコアを1つのパッケージに搭載したデュアルコアプロセッサで、それまでのシングルコアプロセッサに比べて、同じ動作クロックでも格段の高パフォーマンスを発揮することで知られている。また、それまでのシングルコアプロセッサに比べて処理速度は非常に速くなっているにも関わらず、省電力で動作する設計となっており、動作時の発熱がかなり抑えられているのも特徴だ。このため、ノートPCにおいては、バッテリー持続時間の向上に寄与しているほか、CPUファンなどを小型化したり静音化したりすることが可能となったため、静音PCを求める自作PCファンにも高い支持を得た」

●「KURO PDP-5010HD」
「他の追随を許さない黒の表現力。20,000:1という驚異的な高コントラスト。映り込みの少ないパネル表面など、KUROが持つ画質へのこだわりは、映像コンテンツを可能な限り良質な画面で見たいと願うユーザーに高く評価されてきた。特に、映画のDVDソフトやBDに代表されるハイビジョンコンテンツを家庭で楽しむという用途で本製品を購入される方が多く、暗いシーンの多い映画などでの描写力は、液晶テレビはもちろんのこと、他社のプラズマテレビの追随をも許さないレベルの高画質と評価されている」

●「E-3」
「もっとも大きな特徴は、AFの高速性だ。非常に高速かつ正確なピント合わせが可能なため、シャッターチャンスを逃さない。この点は、同クラスのライバル製品が舌を巻くほどの出来の良さで、この機能に惚れ込んでE-3を購入する人も少なくない。また、最大5段という強力な手ぶれ補正機能も本機の魅力だ。今や手ぶれ補正機能は、デジタル一眼でも当たり前の機能になりつつあるが、後発のE-3はライバルを大きく上回る精度の手ぶれ補正機能を搭載し、そのことが大きな特徴ともなっている」

●「FOMA F905i」
「NTTドコモの携帯電話の中では、どちらかというと地味な存在であり続けた。しかしながら、前モデルのF904iから採用された画面回転機構ヨコモーションが、携帯電話を縦に持ったまま操作できるので使いやすいとクチコミで評判となり、徐々に人気を集め始め、このF905iでその人気がさらに高まった形だ。機能的にも3.2型の大画面IPS液晶に、480×864ピクセルの高解像度、ワンセグ対応、指紋センサーなど、詰め込めるだけの機能を詰め込んで、サイズはかなり薄型に仕上がっている」

●「MC-P700J」
「今流行のサイクロン方式は、紙パックを使わないため経済的でゴミが溜まっても吸引力が落ちにくいのが特徴だが、その半面で、そもそものパワーが弱い、お手入れが面倒、集塵容量が少ないなどのデメリットもあった。また、掃除機から出る排気の問題も無視できない存在であった。こうしたサイクロン方式のデメリットから、近ごろ紙パック式の掃除機に対するニーズも高まってきているが、ナショナルのMC-P700Jはまさにこうしたニーズに合致する製品であり、新搭載のダブルドライブノズルなどの搭載により、紙パック式では業界最高クラスの吸込仕事率590Wを実現。これまで取りきれなかったホコリやゴミまできちんと取れる掃除性能を実現した」
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top