アライドテレシス、RoHS指令対応のレイヤー2plus GbE スイッチ「CentreCOM 9424T/SP(RoHS)」発売 | RBB TODAY

アライドテレシス、RoHS指令対応のレイヤー2plus GbE スイッチ「CentreCOM 9424T/SP(RoHS)」発売

エンタープライズ その他

CentreCOM 9424T/SP(RoHS)
  • CentreCOM 9424T/SP(RoHS)
  • CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)
 アライドテレシスは、レイヤー2plus GbE(ギガビットイーサネット)スイッチのRoHS指令対応製品「CentreCOM 9424T/SP(RoHS)」の販売を開始した。レイヤー3 GbEスイッチ「CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)」とあわせて特別価格キャンペーンも実施する。

 「CentreCOM 9424T/SP(RoHS)」「CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)」は、いずれも10/100/1000BASE-Tを24ポート装備。うち2ポートはSFPスロットとのコンボ(共有)ポートで、オプション(別売)のSFPモジュールの追加により1000BASE-SX/LX、長距離対応の1000Mbps光、または1心双方向の1000Mbps光ポートの実装が可能となっている。機能面では、ポリシーベースQoS、VLAN機能をはじめ、スパニングツリープロトコル対応、EPSRスヌーピング機能、ポートセキュリティ、攻撃検出機能等を搭載している。

 CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)は、Web認証、ダイナミックVLAN、ループガード機能等をサポート(予定)し、さらにセキュリティ機能が強化された内容となっている。

 価格はCentreCOM 9424T/SP(RoHS)が税別328,000円、CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)が税別398,000円。キャンペーン価格として、CentreCOM 9424T/SP(RoHS)は1月25日〜4月30日出荷分が税別198,000円、CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)は2月4日〜4月30日出荷分が税別228,000円となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top