ビクター、木の振動板を採用したカナル型イヤホン | RBB TODAY

ビクター、木の振動板を採用したカナル型イヤホン

IT・デジタル その他

HP-FX500
  • HP-FX500
  • 構造図
 日本ビクターは26日、世界で初めて木の振動板を採用したカナル型イヤホン「HP-FX500」を発表。2008年2月上旬に発売しする。価格はオープンで、予想実売価格は15,000円前後。

 同製品は、木の振動板を採用した「ウッドドームユニット」を装備したカナル型イヤホン。木ならではの美しい響きと音の自然な広がりを忠実に再生し、高音質アウトドアリスニングが楽しめるという。

 ウッドドームユニットの背面に比重の大きいブラスリングを加えたハイブリッド構造で、ユニットの振動ロスを低減し、クリアで臨場感のあるデジタルサウンドを実現。好みの装着感と密閉感が選べる、2タイプのイヤーピースを付属。

 周波数帯域 8Hz〜25,000Hzで、出力音圧レベルは100dB/1mW。本体0.8mと延長0.7mコードがある。キャリングケース付き。
《》

関連ニュース

特集

page top