日本HP、「ブレード+仮想化」に役立つソフト2製品を発売〜バーチャルコネクト管理とVMwareパック | RBB TODAY

日本HP、「ブレード+仮想化」に役立つソフト2製品を発売〜バーチャルコネクト管理とVMwareパック

エンタープライズ モバイルBIZ

HP BladeSystem c3000エンクロージャ
  • HP BladeSystem c3000エンクロージャ
 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は13日、第3世代ブレードシステム「HP BladeSystem c-Class」をプラットフォームとした仮想化環境構築に役立つソフトウェア2製品の発売を開始した。

 HP BladeSystem c-Classのネットワーク仮想化技術「バーチャルコネクト」の設定を集中管理できるソフト「HP Virtual Connect Enterprise Manager」(2008年1月中旬出荷)と、HP BladeSystem c3000エンクロージャでの利用に最適な、最新の仮想化ソフトウェアVMware Infrastructure 3のライセンスパック「VMware VI Foundation Pack」/「VMware VI Standard HA Pack」(12月中旬出荷)となる。

 「HP Virtual Connect Enterprise Manager」では、従来エンクロージャごとに設定・管理の必要があったバーチャルコネクトを、1つのWebコンソールで集中管理できるほか、エンクロージャを超えた設定の移動や割り当てが可能になる。本製品によりデータセンタ全体でMACアドレスやWWN(ストレージインタフェースの固有アドレス)をプールし、必要に応じて割り当てることもできる。HP BladeSystem c3000用とc7000用との2種類のライセンス用意されているが、混在利用は可能となる。

 「VMware VI Foundation Pack」はVMware Infrastructure 3 Foundation ライセンス(仮想化の基本的な機能を提供するライセンス)を6プロセッサ分と、これらのシステムを管理するための「VirtualCenter Foundation」のライセンス1台分のパック。「VirtualCenter Foundation」は3台までの物理サーバを管理できるエントリー版。「VMware VI Standard HA Pack」はVMware Infrastructure 3 Standard ライセンス(基本機能にVMware HA機能が追加されたライセンス)を4プロセッサ分と、「VirtualCenter Foundation」のライセンス1台分のパック。VMware HAとは、物理サーバに障害が発生した場合にも、そのサーバで稼働中の仮想化環境が別の物理サーバ上で自動起動するように設定できる機能で、システムダウンタイムの低減に役立つ。

 価格は、「HP Virtual Connect Enterprise Manager for BladeSystem c3000」が税込699,300円、「HP Virtual Connect Enterprise Manager for BladeSystem c7000」が1,398,600円。「VMware VI Foundation Pack」が504,000円、「VMware VI Standard HA Pack」が1,008,000円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top