日立、「BladeSymphony」に基幹システム向けハイエンドモデル | RBB TODAY

日立、「BladeSymphony」に基幹システム向けハイエンドモデル

エンタープライズ ハードウェア

「BS2000」Eタイプ(標準モデル)
  • 「BS2000」Eタイプ(標準モデル)
  • 高性能サーバブレード
 日立製作所は31日、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」のラインアップに基幹システム向けハイエンドモデル「BS2000」Eタイプを追加、販売を開始した。

 「BladeSymphony」は、ブレードサーバを中核としたシステム基盤製品である統合サービスプラットフォーム。今回追加される「BS2000」Eタイプは、「ロングライフサポートサービス」にて10年間のハードウェア保守を可能とするなど、基幹システムの長期にわたる安定稼働を支援する製品となる。標準モデルを信頼性の向上、長期保守の実現といった観点から強化した基幹システム向けハイエンドモデルで、Eタイプ専用の「高性能サーバブレード」「サーバシャーシ」「I/Oスロット拡張装置」などの製品群で構成されている。同製品を日立独自のサーバ仮想化機構Virtage(バタージュ)や、データ入出力性能を強化する「I/Oスロット拡張装置」とあわせて活用することで、基幹システムと周辺システムを統合した大規模なシステムの構築が可能になる。

 「BS2000」Eタイプは、長期使用に適した部品の採用や、「高性能サーバブレード」においてスーパーコンピュータの開発などで培った冷却技術を投入し、冷却効率を向上させたことなどにより、標準で7年間のハードウェア保守を提供し、あわせて「ロングライフサポートサービス」を活用することで、業界で最長となる10年間まで保守を延長することが可能。また、プロセッサーコアの障害を検出し、該当プロセッサーコアを予備のプロセッサーコアに切り替えることで処理を継続できるプロセッサーコア交替機能を提供する。特に、サーバ仮想化機構Virtageによる仮想化環境においては、システム稼働中に起きたプロセッサーコア障害の予兆をあらかじめ検出できるため、システムを停止することなく、自動的に予備のプロセッサーコアに切り替えることができるとのこと。さらに、最新のインテルXeonプロセッサー7500番台を採用した「高性能サーバブレード」において、サーバブレード間を専用のボードで接続することで、2台のサーバブレードをSMP接続することが可能だ。これにより、プロセッサーを最大4個(最大32コア)、メモリ容量を最大512Gバイトまで拡張できるようになる。今後、4台のサーバブレード間でのSMP接続の提供も計画しており、引き続き、システムの拡張性を強化していくとのこと。

 なお日立では、「BS2000」Eタイプの追加に伴い、最新のインテルXeonプロセッサー7500番台を搭載した「高性能サーバブレード」を、「BS2000」標準モデルのサーバブレードラインアップにも追加し、新たに販売を開始する。また、基幹システム向けに高信頼なLinux環境を提供する「Linux環境強化サポートオプション」のメニューの1つであり、障害発生時のLinuxカーネルの動作情報を記録できる「ダンプ取得機能強化サポートオプション」に、よりきめ細かな障害情報が取得できる「ダンプ取得機能強化サポートオプションEnterprise Edition」を追加し、「BS2000」向けに提供する。

 「BS2000」Eタイプの構成は、サーバシャーシはサーバブレード最大8、PCI Expressボード最大16、スイッチモジュール最大6、マネジメントモジュール最大2、外形寸法はW447×D820×H441(mm)(10U)、サーバブレードはインテルXeonプロセッサーE7540(2GHz)/X7550(2GHz)/X7560(2.26GHz)、最大2((最大16[32]コア)、メモリ最大256[512]GB、サーバ仮想化機構Virtage標準搭載。価格は541万8,000円(税込)から。5月28日より提供開始。

 「BS2000」標準モデル用高性能サーバブレード(OSレスモデル)の構成は、インテルXeonプロセッサーE7540(2GHz)/X7550(2GHz)/X7560(2.26GHz)、最大2(最大16[32]コア)、メモリ最大256[512]GB、サーバ仮想化機構Virtage標準搭載。価格は178万5,000円(税込)から。3月31日より提供開始。

 ダンプ取得機能強化サポートオプション Enterprise Editionは、障害発生前のカーネルの動作履歴や、システム稼働に影響を及ぼす事象の検知、記録を実現するツールを提供するサポートオプションで、価格は月額4万2,000円(税込)から。4月16日より提供開始。
《池本淳》

特集

page top