マイクロソフト、Power PC/Intel CPU両対応のMac版Office最新バージョン | RBB TODAY

マイクロソフト、Power PC/Intel CPU両対応のMac版Office最新バージョン

IT・デジタル その他

Office 2008 for Macシリーズ
  • Office 2008 for Macシリーズ
  • デザインレイアウト
 マイクロソフトは、Mac版Officeの最新バージョンとして、Power PC搭載MacとIntel CPU搭載Macの両方に対応した「Microsoft Office 2008 for Mac」シリーズを1月16日に発売する。ラインアップは標準パッケージのほか、家庭/学生向けパッケージ「Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」など3製品。価格は標準パッケージの通常版が52,290円、アップグレード版は29,400円。

 Office 2008 for Macシリーズは、Power PCおよびIntel CPU搭載Macの両環境下で稼動する初のユニバーサルアプリケーションとなる、Office for Macの最新バージョン。主な仕様として、Excel/Word/PowerPoint/Entourageの2008年バージョンを収録。また、Windows版「Office 2007」採用のファイル形式「Office Open XML」をサポートしており、Windows PCとの互換性向上を図っている。

 「Office 2008 for Mac Special Media Edition」は、標準パッケージのアプリケーションに加えて、「Microsoft Expression Media」を収録。価格は通常版が55,440円で、アップグレード版は34,440円。

 Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミックは、3台までのMacにインストール可能なライセンス付きパッケージ。Entourage 2008のMicrosoft Exchange ServerサポートとAutomatorツールは含まれない。通常版のみが用意され、価格は23,940円。
《》

関連ニュース

特集

page top