NEC、NGN網のサービス拡大を推進する新技術 | RBB TODAY

NEC、NGN網のサービス拡大を推進する新技術

エンタープライズ その他

 NECは4日、NGN網を介してサービス事業者とユーザとを安全に結びつける仕組みを提供する技術を開発したと発表した。NGNユーザのプライバシ保護と、個々のNGNユーザの状況に即したサービスの提供を両立するNGNサービスプラットフォーム機能を実現するもので、サービス事業者はユーザが匿名のままでもユーザの状況・属性・興味などに合ったウィジェットや情報を配信可能。ユーザはウィジェットに基づき選択操作することで、求めるサービスを簡単に利用できる。

 具体的には、ユーザが設定したポリシーに基づき、サービス事業者がユーザにコンタクトするために一時的に利用可能な匿名IDを発行する。この匿名IDは、ユーザが設定したポリシーに基づいて管理され、ユーザが許可する間だけ、ユーザが許可する範囲でサービス事業者からユーザへのコンタクトを可能にすることができる。また、匿名IDの下で、サービス事業者とユーザとのコミュニケーションの状態を管理する技術、ユーザがサービスを利用したかどうかを管理する技術により、サービスのユーザ到達性を管理する。また、遠隔で端末を管理するデバイス管理を活用して、ユーザの状況に応じたウィジェットの配信や表示を可能にする技術によって、ユーザが利用可能なサービスの情報が端末上で一目で分かるようになるという。ユーザの動的・静的なコンテキスト情報を一元管理し、匿名IDのライフサイクル管理、およびウィジェット管理で利用できるようにする。同社は今回の成果を、5日から7日まで東京ビッグサイトで開催される「iEXPO2007」で披露する予定。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top