東芝、電波の受信状態が悪くても大丈夫!ワンセグ映像の補正ができるポータブルメディアプレーヤー | RBB TODAY

東芝、電波の受信状態が悪くても大丈夫!ワンセグ映像の補正ができるポータブルメディアプレーヤー

IT・デジタル その他

gigabeat V41のブラックモデル
  • gigabeat V41のブラックモデル
  • gigabeat V41のダークネイビーモデル
  • gigabeat V41のシャンパンゴールド
 東芝は27日、ワンセグ映像補正機能を搭載したポータブルメディアプレーヤー「gigabeat V41」を発表。10月19日発売。カラーはブラック/ダークネイビー/シャンパンゴールドが用意されている。価格はオープンで、同社直販サイト価格は29,800円。

 同製品は、ワンセグ映像補正技術「トギレナイザー」を搭載したポータブルメディアプレーヤー。電車に乗っているときなど電波の受信状態が悪い環境でも、受信データを補完処理してワンセグ映像を途切れにくくする。

 内蔵の4GBフラッシュメモリでワンセグ番組が20時間、音楽なら960曲の収録が可能だ。また、長時間使える大容量バッテリーを装備しており、ワンセグ視聴なら10時間、動画再生なら13時間、音楽再生なら40時間の連続視聴ができる。SDカードスロットを搭載したことで、ワンセグ番組の直接録画や本体に録画した番組のSDメモリーカードへの移動が可能になっている。

 ディスプレイは3.5型TFT液晶。解像度は320×240ピクセル。インターフェースはUSB2.0/SDカードスロット/ヘッドホン端子など。イコライザーとスピーカーを内蔵。対応OSはWindows Vista/XP。バッテリーは内蔵リチウムイオン電池。本体サイズは幅115×高さ75×奥行き14.2mm。重さは168g。
《》

関連ニュース

特集

page top