W-CDMA方式のトランスミッターモジュールを新発売、HSDPAも対応——富士通メディアデバイス | RBB TODAY

W-CDMA方式のトランスミッターモジュールを新発売、HSDPAも対応——富士通メディアデバイス

エンタープライズ モバイルBIZ

T0311QZ0836(BandV)のチップ写真
  • T0311QZ0836(BandV)のチップ写真
  • トランスミッタモジュールのブロック図
 富士通メディアデバイスは8月28日に、W-CDMA方式携帯電話用トランスミッターモジュール「T0311QZ1950」(BandI)、「T0311QZ0836」(BandV)、「T0312QZ1880」(BandII)を開発、9月より順次サンプル提供を開始すると発表した。

 自社製のデュープレクサやフィルタを採用した独自設計を行い、効率では世界最高となる27%を実現したとのこと。出力パワーは、ハイパワー、ミドルパワー、ローパワーの3モードに対応する。サイズについては、携帯電話の送信回路部品であるPA・SAWフィルタ・SAWデュープレクサを一体化し、7.0mm×4.0mm(高さ最高1.2mm)の小型サイズを実現。従来のディスクリート部品を用いて構成したモジュールに比べ、実装占有面積を約3割削減できる。3GPPのRel.5ベースのHSDPAにも対応し、最大で14.4Mbps の通信速度でのダウンリンクに対応する。

 サンプル販売価格はすべて1000円で、T0311QZ1950およびT0311QZ0836が9月出荷予定、T0312QZ1880が10月出荷予定となる。今後は、BandIV、VIIIへの展開を図り、さらなる製品ラインアップの充実を目指すとのこと。2008年1月より、月間150万個の販売を予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top