WIDEプロジェクト、IPTVコンテンツ配信技術の研究において米OSTNと協調 | RBB TODAY

WIDEプロジェクト、IPTVコンテンツ配信技術の研究において米OSTNと協調

ブロードバンド その他

 WIDEプロジェクトは8月21日に、IPTVコンテンツ配信に向けた研究活動において、米Open Student Television Network(OSTN)とパートナーシップを締結したことを発表した。

 OSTNは、米国Internet2プロジェクトの参加大学を中心とする大学生によって制作されたIPTVコンテンツのインターネット配信を目的として設立されたコンテンツプロバイダ。今回のパートナーシップにより、IPマルチキャスト、DVTS(Digital Video Transmission System)、IPv6などの、インターネット技術をベースとした、コンテンツ配信の研究を双方の機関で行うこととなる。WIDEプロジェクトでは、次世代インターネット技術の検証と世界規模での展開、さらにはOSTN基盤を利用したコンテンツ制作の機会が得られるとしている。

 また、今回のパートナーシップをステップとして、多様なデジタルコンテンツ配信に関する研究、国内外におけるIPマルチキャスト通信基盤の整備、さらにその運用技術に対する経験や知見が得られることも期待するとのこと。

 OSTNは現在では、NASATVやUCTV(University of California Television)などの教育目的のものから、MSNBUやFox Newsなどのニュースチャンネル、Sci-FiやUSA Networksなどのエンターテインメントチャンネル、TV5(フランス)、RAI(イタリア)などの外国語チャンネルなど、豊富な種類のコンテンツを扱っている。

 OSTNのCEOであるPrashant Chopraは「日本の大学へのIPTV コンテンツ配信を実現する上で、WIDEプロジェクトとのパートナーシップを得たことは大変喜ばしいことです。我々はWIDEプロジェクトとともに研究活動を行い、さらなるIPTV技術の発展に寄与したいと思っています」と述べている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top