ヤマハ、新開発の「シネマDSP<3Dモード>」で空間再現力を向上——7ch AVアンプ | RBB TODAY

ヤマハ、新開発の「シネマDSP<3Dモード>」で空間再現力を向上——7ch AVアンプ

IT・デジタル その他

DSP-AX3800
  • DSP-AX3800
 ヤマハは9日、7.1chのAVアンプの新製品「DSP-AX3800」「DSP-AX1800」を発表。10月20日発売。価格はDSP-AX3800が257,250円、DSP-AX1800が173,250円。

 2モデルともに、最新のHDMI Ver.1.3aに対応した7.1chのAVアンプ。ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなどのHDオーディオフォーマットに対応。また、1,080pのフルHD映像のほか、ディープカラーにも対応する。

 独自のDB(ダブルボックス)コンストラクションを採用。HDオーディオ信号のクオリティを損なうことなく忠実に再生するという。アナログ部、デジタル部、メイン電源部の分離を徹底し、適切な回路レイアウトと高密度実装によって信号経路を最短化、電源とグラウンド電位の安定化を図る内外二重構造の筐体設計となっている。また、高精度なD/A変換とクロックの純度を高める手法を導入することで高音質再生を実現している。

 さらに、HDオーディオのもつ情報量をいかし、リアルでナチュラルな臨場感を実現する次世代の「シネマDSP-plus」を採用。鑑賞する作品に最適な音場を直感的に選べる22種類のサラウンドプログラムを備える。特に、実在するホールやクラブなどの音場を忠実に再現する実測音場系プログラムの充実を図っている。加えてDSP-AX3800は、新開発の「シネマDSP<3Dモード>」を搭載。空間の「高さ」方向の音場データをプログラミングすることで、空間再現力を飛躍的に向上させている。そのほか、新開発のA-DRCやA-DSP技術など、視聴環境最適化のための機能を備える。

 DSP-AX3800の定格出力は140W×7ch(6Ω)で、最大出力は185W×7ch(6Ω)。DSP-AX1800の定格出力は130W×7ch(6Ω)で、最大出力は175W×7ch(6Ω)。入力端子は、HDMI×4/コンポジット×6/S映像×6/コンポーネント×3/D5×3/Dock/アナログ音声×11/光デジタル音声×5/同軸デジタル音声×3。そのほかにDSP-AX3800はUSB1.1/Ethernetを備える。出力端子は、HDMI/コンポーネント/コンポジット×3/S映像×3/アナログ音声×4/光デジタル音声×2など。本体サイズは幅435×高さ171×奥行き438.5mm。重さはDSP-AX3800が18.4kg、DSP-AX1800が17kg。
《》

関連ニュース

特集

page top