ヤマハ、アップスケーリング対応のHDMI搭載7.1ch AVアンプ | RBB TODAY

ヤマハ、アップスケーリング対応のHDMI搭載7.1ch AVアンプ

IT・デジタル その他

DSP-AX861(リモコン付属)
  • DSP-AX861(リモコン付属)
  • 背面
 ヤマハは27日、HDMI入出力端子を搭載した7.1ch AVアンプ「DSP-AX861」を発表した。価格は110,250円で、7月10日発売。

 同製品は、今年5月に発売された同社製ミドルクラスのAVアンプ「DSP-AX761」の上位モデルで、従来機と同じく1,080p対応のHDMI入力2系統とHDMI出力1系統を装備する。HDMIのバージョンはいずれも1.2aで、ケーブル1本でBlu-ray DiscやDVDプレーヤーなどと接続できる。パワーアンプは全回路のローインピーダンス化によってスピーカー駆動力を高める「ハイカレントアンプ・テクノロジー」を採用。同社独自のプレゼンススピーカー左右を含む7.1chフルスペックシネマDSP再生と、サラウンドバックスピーカーを使用する7.1ch再生とをサラウンドプログラムに応じて自動選択する「デュアル7.1ch機能」を搭載するほか、フロントバイアンプ駆動も選択できる。

 また、一般家庭においても映画館やコンサートホールなどの臨場感を再現するべく開発された同社独自の技術「シネマDSP」をベースに改良された音場プログラム「シネマDSP-plus」を搭載し、本体フロントパネルと付属リモコンに配した「SCENE」ボタンを使うことでAVソースと音場プログラムを同時に切り替えることができる。また、リビングや部屋などそれぞれ異なる音響環境を自動測定して音場プログラムを最適化させる機能「YPAO」を搭載するなど、専門的な知識がない初心者でも最適な再生環境が得られるよう配慮されている。

 従来機からの改良点として、使用パーツの再検討によるファインチューニングを実施することで音質の向上を図るとともに、電源部に新規開発した専用の大型電源トランスとカーボンシース・ブロックケミコンを投入することにより、定格出力を105W×7(6Ω)と向上させた。また、ABT製ビデオスケーラーやADI製ビデオデコーダー/エンコーダーなどのデバイスを採用することで、これまでのHDビデオアップコンバージョンやデジタル映像信号のリピート出力、アナログ映像信号のスルー出力に加えて、入力したアナログ映像信号を1,080i/720pに変換するHDビデオアップスケーリングにも対応する。 

 そのほか、iPod用ユニバーサル・ドック「YDS-10」(別売)のための接続端子を装備。Dock接続対応のiPodの音楽再生や画像/映像表示、アンプ側リモコンによるワイヤレス操作、操作画面のオンスクリーン表示などが可能。

 実用最大出力は全chとも145W(6Ω)。入力端子はHDMI×2、コンポーネント×3(DVD、DTV/CBL、DVR)、D4×3(DVD、DTV/CBL、DVR)、S映像×5(DVD、DTV/CBL、DVR、VCR、VIDEO AUX)、コンポジット×5(DVD、DTV/CBL、DVR、VCR、VIDEO AUX)、同軸デジタル音声×2(CD, DVD)、光デジタル音声×4(MD/CD-R、DVD、DTV/CBL、VIDEO AUX)、アナログ音声×8(PHONO、CD、MD/CD-R、DVD、DTV/CBL、DVR、VCR、VIDEO AUX)+1(6ch INPUT)、DOCK端子×1で、出力端子はHDMI×1、コンポーネント×1、D4×1、S映像×3(DVR、VCR、MONITOR)、コンポジット×3(DVR、VCR、MONITOR)、光デジタル音声×1(MD/CD-R)、アナログ音声×3(DVR、VCR、MD/CD-R)など。消費電力は270W。本体サイズは幅435×高さ171×奥行き421mmで、重さは13.1kg。 カラーはゴールド。
《》

関連ニュース

特集

page top