日本の映像配信サービスは2011年度に3千億円市場に——シード・プランニング調べ | RBB TODAY

日本の映像配信サービスは2011年度に3千億円市場に——シード・プランニング調べ

ブロードバンド その他

2011年度までの市場推移予測グラフ
  • 2011年度までの市場推移予測グラフ
 調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは20日、ブロードバンドを利用する映像配信サービスについて、IP放送、VOD、ダウンロード別に利用者数の現状と今後の展望を調査し、今後の課題を明らかにするとともに、2011年度末までの有料サービス市場の予測を行ったレポートを公表した。

 まず視聴数においては、日本でのブロードバンド映像配信サービスは「GyaO」や「Yahoo!動画」などのPC向け無料VODサービスが先行しており、2006年度末のPC向け無料サービスの利用者は1,430万人と見られている。一方、PC向け有料VODサービスの加入者は210万人、TV向け有料VOD加入者は180万人と見られており、PCとTVの有料サービスの加入者は合わせて390万人と推定されている。

 今後の展望において同社では、ブロードバンドサービスの普及に伴い今後は有料サービスの加入者が増加すると予測。具体的には、2011年度末にはPCの無料サービス利用者は4,160万人と2006年度末の2.9倍に留まるのに対して、PCの有料サービス加入者は910万人で4.3倍に、TVの有料サービス加入者は860万人と4.7倍にそれぞれ増加するとしており、「日本のブロードバンド配信サービスも有料化の時代になる」と予測している。

 では、有料サービスにおける市場規模の予測だが、上記を受け2006年度末に400億円である市場は、2007年度末には660億円になると推定。さらに2011年度末には3,090億円と2006年度末の7.6倍になり、3千億円を超える市場に成長すると予測している。

 特に、2007年度よりサービスが開始されると予想されるTV向けダウンロードサービスについては、2007年度末の市場は2.4億円と推定しているが、2011年度末には213億円と90倍弱へ市場規模が拡大するものと同社では予測している。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top