無線リンクによる中継システムを活用した条件不利地域におけるWiMAX実証実験 | RBB TODAY

無線リンクによる中継システムを活用した条件不利地域におけるWiMAX実証実験

ブロードバンド その他

実験概要図
  • 実験概要図
 ブロードネットマックスと住友電工ネットワークスは17日、三重県菰野町湯の山温泉地区において、シー・ティー・ワイと共同でWiMAX実証実験を開始した。

 発表によると、同実証実験は2007年7月から2007年12月末まで、25GHz無線リンクによる中継システムを活用することにより、条件不利地域における中継システムの有効性やWiMAXの電波伝搬性能を調査するというもの。周波数は2.6GHz、基地局出力は5Wで、インターネットサービスなどの各種アプリケーションの検証、変調方式と通信速度関係の検証、高利得アンテナを使用した到達限界の調査などが行われる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top