【Interop Tokyo 2007 Vol.12】世界初! ハイビジョンの16倍、スーパーハイビジョン映像のマルチキャスト伝送 | RBB TODAY

【Interop Tokyo 2007 Vol.12】世界初! ハイビジョンの16倍、スーパーハイビジョン映像のマルチキャスト伝送

 横須賀のNTT研究所とNHK技研から幕張メッセのイベント会場に、スーパーハイビジョン(ハイビジョンの16倍の画素数)の映像をマルチキャストで伝送するデモが行われた

ブロードバンド その他
横須賀のNTT研究所に設置したカメラからのスーパーハイビジョン映像。木の葉の揺れる様子が非常にリアルで、まるで窓から眺める風景を眺めているよう
  • 横須賀のNTT研究所に設置したカメラからのスーパーハイビジョン映像。木の葉の揺れる様子が非常にリアルで、まるで窓から眺める風景を眺めているよう
 横須賀のNTT研究所とNHK技研から幕張メッセのイベント会場に、スーパーハイビジョン(ハイビジョンの16倍の画素数)の映像をマルチキャストで伝送するデモが行われている。ユニキャストを用いたスーパーハイビジョン映像の伝送は、昨年のNHK紅白歌合戦で実績があるが、IPマルチキャストを用いて多地点伝送を行ったのは、世界初だという。

 横須賀のNTT研究所に設置したSHV(Super High Resolution)カメラで撮影された映像のほか、東京・世田谷のNHK技研に設置したSVHレコーダに収録されたスーパーハイビジョンの映像を、NTTコミュニケーションズが提供する高速実験網(GEMnet2)を経由してリアルタイムに複数のモニタに伝送・表示している。なお、映像の圧縮形式は、MPEG-2の640Mbpsである。

 NHKは、2025年にスーパーハイビジョン映像による本放送開始を目指している。
《工藤めぐみ(たべらぶ)》

関連ニュース

特集

page top