エプソン、オフィスの効率的なプリンタ環境を実現——A3カラー対応ページプリンタ2モデル | RBB TODAY

エプソン、オフィスの効率的なプリンタ環境を実現——A3カラー対応ページプリンタ2モデル

IT・デジタル その他

LP-S6000
  • LP-S6000
  • LP-S5000
 セイコーエプソンは14日、「オフィリオプリンタ」シリーズの新モデルとして、オフィス向けA3カラー対応のページプリンタ2モデルを発表。7月19日発売の「LP-S6000」と、6月27日発売の「LP-S5000」で、価格はそれぞれ188,790円、146,790円。また、2モデルに対応した印刷管理ソフト「Offirio SynergyWare PrintDirector」も8月上旬に発売される。価格は157,500円。

 2モデルともにデスクトップサイズ並みの省スペース性を実現したA3カラー対応のページプリンタ。印刷管理ソフトOffirio SynergyWare PrintDirectorを組み合わせることで、分散配置されている複数のプリンタの稼動状況などをネットワーク上で把握し、集中管理することができる。オフィスのドキュメントワークフローの効率化を実現するという。

 LP-S6000は、カラー24枚/分、モノクロ30枚/分の高速印刷を実現。デスクトップに設置できるコンパクトサイズで、既存のカラープリンタからの置き換えに最適だとしている。両面印刷や長尺印刷、3way給紙に対応する。ランニングコストはA4の1ページあたり、カラーで約13.8円、モノクロで約3.3円。100BASE-TX/10BASE-T対応のネットワークインターフェースを標準装備する。給紙容量は標準で400枚。用紙サイズはA3からハガキサイズまで対応。解像度は600dpi。本体サイズは幅590×高さ388×奥行き539mm。重さは51.2kg。

 LP-S5000は、印刷スピードがカラー8枚/分、モノクロ35.8枚/分。100BASE-TX/10BASE-T対応のネットワークインターフェースや、ワイド液晶ディスプレイを装備する。コストパフォーマンスに配慮し、既存のモノクロプリンタからの置き換えに最適だとしている。熱対策設計により、ファンを排除し、静音性を向上させている。ランニングコストはA4の1ページあたり、カラーで約15.9円、モノクロで約3.4円。給紙容量は標準で495枚。給紙方法は2way対応。用紙サイズはA3からハガキサイズまで対応。解像度は600dpi。本体サイズは幅499.5×高さ407×奥行き537mm。重さは41.6kg。

 なお、現在同社では「次もエプソン! 買い換えキャンペーン」を実施している。同社製のA3ページプリンタ(カラー/モノクロ)、A3カラー複合機、プロジェクターを持っている人が対象で、LP-S6000とLP-S5000を含む製品をキャンペーン価格で購入できる。申し込み受け付けは9月25日まで。
《》

特集

page top