ZARD突然の悲報に日本中が衝撃〜ヤフー検索ランキング | RBB TODAY

ZARD突然の悲報に日本中が衝撃〜ヤフー検索ランキング

エンタメ その他

 ヤフーは6日、検索ワードランキングの5月28〜6月3日の集計データを発表した。

 まず、急上昇時事ワードランキングには、悲報にファンが衝撃を受けたZARD所属事務所「リレーションズ」がランクイン。

 今週のベスト10は、1位がGoogleの新サービスで、地図上のクリックした地点の周囲360度の風景が見られる「ストリートビュー」、2位は松岡農水相の自殺に対して安倍首相が会見で述べた「慚愧に堪えない」、そして、3位が「リレーションズ」。

 以下、4位が強制わいせつで現行犯逮捕された「高橋徹アナウンサー」、5位が緑資源機構談合事件で捜査を受けていた元理事長が29日に自殺した横浜市青葉区のマンション「ドルフ青葉台」、6位は愛知県の立てこもり発砲事件で容疑者が使用したと思われるスペインなどで製造されている拳銃「ルビーエクストラ」、7位が英国誌「エコノミスト」調査部門のEIU が121カ国を対象にした世界の平和に関するランキングの「平和度指数」、妻である女優・岩崎ひろみが12月に第一子を出産予定の劇団☆新感線の俳優「吉田メタル 画像」、9位は所属事務所と契約を解除したことから芸能界引退説がささやかれた「奥菜恵 引退」、10位は第69代横綱・白鵬が口上で使った四字熟語の「精神一到」となった。

 また、今週から新たに、ランキング圏外だが急上昇中の検索ワードをピックアップ。新宿歌舞伎町にあるお好み焼き屋「多幸一」や、一昨年10月に閉店した日本初のハンバーガーショップ「ザ・ハンバーガー・イン」をテナントとして復活させた宿泊施設「ホテルメンテルス六本木」、'07年ミス・ユニバース第56回世界大会優勝の「森理世」などが注目された。

 そして、Yahoo!サーファーのグラフで読み解く注目ワードでは、リクルートの「ホットペッパー」ほかフリーペーパーをピックアップ。検索数をグラフ化してみると、クーポンマガジンの代名詞的存在である「ホットペッパー」が圧倒的な数値をたたき出しており、人気が高いといわれる「R25」やその女性版の「L25」、さらには「ホットペッパー」の美容版「ホットペッパー ビューティー」は、地をはうような折れ線グラフになってしまっている。わずかに上昇が目立つといえば、「L25」の昨年11月1日の創刊直後の3日と、週刊化された今年4月3日、そして「ホットペッパー ビューティー」が始動した今年5月3日の3日間のみ。「ホットペッパー」の圧倒的な注目度が浮き彫りになった形だ。

 また年齢別と男女別に、「ホットペッパー」と「ホットペッパー ビューティー」の検索数を比較すると、20代が両誌ともに検索数が高いのがわかる。特に、「ホットペッパー ビューティー」は21〜24歳の女性の注目が突き抜けている感じだ。18〜20歳と25〜29歳の女性がほぼ同じ数値でその次につけている。また、「ホットペッパー」も21〜24歳女性がトップ。25〜29歳女性も多く、全般的に女性が多いようだ。「ホットペッパー ビューティー」は題材が美容だけに女性が興味を持つのは当然だが、「ホットペッパー」も全般的に女性が多く、両誌ともに女性からの支持を集めている様子が伺える。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top