仮想空間サービス「セカンドライフ」で音楽プロモーション開始 | RBB TODAY

仮想空間サービス「セカンドライフ」で音楽プロモーション開始

エンタメ その他

 エンターテインメント業界を中心としたITソリューションを手がけるイータレントバンクと、オンラインエンターテインメント事業の企画などを行うELEVEN-UP(イレブンアップ)が、ネット上の仮想空間サービス「セカンドライフ」を活用した音楽アーティスト専門のプロモーションサービスを始めた。

 新サービスは「セカンドライフ」を使い、アーチストのファン獲得や楽曲の販売促進、ライブの集客などを行うためのプロモーション等をトータル展開する。

 「セカンドライフ」は、米リンデン・ラボ社が運営する3次元CGを使った話題沸騰の仮想空間サービスだ。ユーザーにはデジタルボディ (アバター)が与えられ、仮想空間上のすべてをユーザー自らが創造・発展させていく。2007年4月現在では英語版のみだが、日本語版も近日中に公開される予定だ。

 音楽業界ではU2やデュランデュランが「セカンドライフ」を使ってバーチャルライブを行うなど、ビジネス的な可能性を秘めた新しいネットワークコミュニティとして注目されている。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top