松下電工、ギガビット対応宅内LANパネル「まとめてねットギガ」 | RBB TODAY

松下電工、ギガビット対応宅内LANパネル「まとめてねットギガ」

ブロードバンド その他

 松下電工は、FTTHによる1Gbps通信に対応した宅内LANパネル「まとめてねットギガ」を4月21日に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格は3万9,500円。
  •  松下電工は、FTTHによる1Gbps通信に対応した宅内LANパネル「まとめてねットギガ」を4月21日に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格は3万9,500円。
 松下電工は、FTTHによる1Gbps通信に対応した宅内LANパネル「まとめてねットギガ」を4月21日に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格は3万9,500円。

 まとめてねットギガは、ギガビット対応スイッチングHUBを内蔵し、最大7か所の宅内LAN配線が可能。最大消費電力7.5Wと消費電力が少なく、通信速度を高めるJumbo Frameやパケットロスゼロ通信を実現するほか、LANケーブルの一部断線によりギガビット通信を保てない場合は自動的に100Mbps通信に切り替えて通信を続け、LEDによる状態通知を行う「速度自動調整機能」を備える。
《富永ジュン》

特集

page top