Wiiでの有害コンテンツ閲覧を制限する「i-フィルター for Wii」 | RBB TODAY

Wiiでの有害コンテンツ閲覧を制限する「i-フィルター for Wii」

エンタメ その他

 デジタルアーツは、同社製品である「i-フィルター for Wii」が任天堂のゲーム機Wiiに採用されたと発表した。
  •  デジタルアーツは、同社製品である「i-フィルター for Wii」が任天堂のゲーム機Wiiに採用されたと発表した。
  •  デジタルアーツは、同社製品である「i-フィルター for Wii」が任天堂のゲーム機Wiiに採用されたと発表した。
 デジタルアーツは、同社製品である「i-フィルター for Wii」が任天堂のゲーム機Wiiに採用されたと発表した。

 インターネットの有害コンテンツから子どもを守るのが「i-フィルター」。不適切な情報のみをカットし、無害なコンテンツのみを表示させることが可能となっている。

 「i-フィルター for Wii」は、Wiiのインターネットブラウザである「インターネットチャンネル」に組み込んで使用可能。12日より配布されている「インターネットチャンネル」正式版には「i-フィルター for Wii」の申込ボタンが表示され、1か月あたり315円で使用できる。

 また、2007年4月12日〜2008年4月30日は、「Wiiでi-フィルター安心キャンペーン」期間のため、無料で利用可能となる。不適切な情報のフィルタリングは重要な問題となっており、リビングに置かれるWiiにフィルター機能が実装されることは大きな前進といえそうだ。

※[訂正]初出時、キャンペーン期間に誤りがございました。ここに訂正してお詫び申し上げます。
《水口真》

関連ニュース

特集

page top