ACCSとJASRAC、Winnyによる著作権被害は総額100億円規模と推定 | RBB TODAY

ACCSとJASRAC、Winnyによる著作権被害は総額100億円規模と推定

ブロードバンド その他

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本音楽著作権協会(JASRAC)は28日、ファイル共有ソフト「Winny」ネットワーク内で権利者の許可を得ないまま流通している音楽ファイルとコンピュータソフトウェアなどの実態調査と被害額の試算を実施した結果、音楽ファイルは4.4億円、コンピュータソフトウェアなどは95億円にのぼることがわかった。

 同調査は、10月10日の18時から24時までの6時間に実施されたもの。調査によると、ユーザ数は少なくとも21万人、音楽ファイルは約61万ファイル(約4.4億円相当)、ビジネスソフトウェアは約61万タイトル(約19.5億円相当)、ゲームソフトウェアは約117万タイトル(約51.3億円相当)、アニメーションは約18万タイトル(約17.2億円相当)、コミックは約159万タイトル(約7億円相当)が流通していた。

 ACCSとJASRACは、今回の調査の結果を基にISPを通じてWinnyユーザーに対して電子メールやホームページなどで注意喚起活動を行うとした。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top