NEC、社外持ち出し用のPCを社内ネットワークに接続するVPNソリューション | RBB TODAY

NEC、社外持ち出し用のPCを社内ネットワークに接続するVPNソリューション

エンタープライズ モバイルBIZ

「SecureBranch(セキュアブランチ)」
  • 「SecureBranch(セキュアブランチ)」
 日本電気(NEC)は3日、社外に持ち出すPCを社内ネットワークに接続するVPNソリューション「SecureBranch(セキュアブランチ)」の販売活動を開始したと発表した。

 SecureBranchでは、専用のVPNクライアントソフトを採用。認証に利用するメールアドレスと、接続先のIPアドレスを設定するだけで利用できるようになる。また、社内ネットワークにて、電子証明書の交換を行ったPCのみ接続が許可されるといったメリットがある。

 さらにSecureBranchのクライアントソフトウェアをインストールすると、社外のネットワークに接続していても、すべてのトラフィックは社内ネットワークを経由するようになる。これにより、許可されていない社外接続が防げるようになる。

 また従来のVPNサーは、DMZへの設置や、ルータの設定の変更が必要だった。しかしSecureBranchでは、コールバック方式が採用されているため、環境はそのままで社内ネットワークに設置できる。

 価格は150万円(登録ユーザ数500まで/同時接続ユーザ数50まで)から。また、SOHO向けとして11万8,000円(登録ユーザ数5まで/同時接続ユーザ数1まで)からの「SecureBranch SOHOシリーズ」も用意されている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top