ヤフー先週の検索ワードランキング〜6年ぶりに活動再開した「SHAZNA」がトップに | RBB TODAY

ヤフー先週の検索ワードランキング〜6年ぶりに活動再開した「SHAZNA」がトップに

エンタメ その他
 ヤフーは、恒例の検索ワードランキングを発表した。2006年6月5日〜6月11日の期間にYahoo! JAPANで検索された単語を「人名」「時事」に分類し、各々1位を100ポイントとして2位以下の割合を算出している。

 人名検索ワードランキングの1位は「SHAZNA」(100.0ポイント)。女装のIZAM率いるビジュアル系バンドがデビュー10周年を迎え、女装を封印して復活となった。2位は叶恭子・叶美香のユニット「叶姉妹」の末っ子が新たに登場した「叶はるゑ」(66.0)、3位は、同じく「叶姉妹」関係で、叶美香の旧芸名「玉乃ヒカリ」(57.8)。4位は小栗旬と破局していた矢口真里に絡んで「ミニモニ。」(53.7)、5位に井上陽水の娘「依布サラサ」(39.8)となった。以下6位「石橋正高」、7位「石橋正次」、8位「小栗旬」、9位「杉本エルザ」、10位「幹田卓司」となった。

 時事検索ワードランキングの1位は、翻訳者殺害事件が時効まで1か月となった「悪魔の詩」(100.0)。2位はフジテレビが突然撤退した「PRIDE 放送中止」(89.6)、3位は事故の対応が社会問題となりつつある「シンドラーエレベータ社」(55.8)。4位は強要罪に問われたホストクラブ経営の阪大生「村主悠真」(47.2)、5位は所有者が逮捕された「ニンジャソード」(33.9)、以下6位「前田淳」、7位「円借款」、8位「ソンミ村」、9位「ザルカウィ」、10位「あらた監査法人」と続いた。

 今回のランキングは、昔を思い出させるニュース、芸能系がたまたま多めだったようだ。なお各々ランキング10位までの説明は、Yahoo!検索スタッフブログでも見ることができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top