タダで笑えてエエやんか!「ヨシモト∞ホール」が渋谷に誕生〜入場無料・毎日ライブ配信 | RBB TODAY

タダで笑えてエエやんか!「ヨシモト∞ホール」が渋谷に誕生〜入場無料・毎日ライブ配信

エンタメ その他

ヨシモト∞ロゴ
  • ヨシモト∞ロゴ
  • 渋谷宇田川町センター街のBEAM地下が、「ヨシモト∞」ホールだ
  • 「ヨシモト∞」ホール全景
  • 和風の座椅子を思わせる座席。ホール内の席の配置は高低差・方向ともに非常に見やすいものになっている
  • 左より吉本興業 吉野伊佐男社長、ファンダンゴ 橋爪健康社長、桑原敏武 渋谷区長
  • 突然、ヨシモト若手芸人が多数登場!
  • 全員でくす玉を割って、こけらおとしを祝う
  • ナビゲーターを務める、ほっしゃん。、オリエンタルラジオを中心に、全員でガッツポーズ
 東京渋谷に新しいお笑いの拠点が誕生だ。しかし、この舞台、いままでとはひと味違う。それは、「入場無料・365日毎日生放送・PCやケータイ経由でもお笑いを楽しめる」ということだ。それが「ヨシモト∞(無限大)ホール」。吉本興業の新しいお笑いを生み出すファクトリー的な位置づけだ。

 同ホールは、入場無料のイベントスペースであるが、毎日16時〜21時には公開生番組「ヨシモト∞」の専用収録スタジオともなる。同番組は、スカパーの「ヨシモトファンダンゴTV」で5時間連続放送されるほか、ブロードバンド環境があれば、TEPCOひかりのコンテンツサイト「casTY」で視聴することも可能だ。

 3月25日に、渋谷センター街BEAMに、「ヨシモト∞ホール」がオープンした。宇田川町交番をさらに進んだあたり、銀色のBEAMビルの地下となる。14時から行われたオープニングセレモニーには吉本興業 吉野伊佐男社長、ファンダンゴ 橋爪健康社長、桑原敏武 渋谷区長が登場した。

 まず吉野社長「∞ホールは物作りの拠点。お客様とともに渋谷から、CS、インターネット、携帯電話に新しいコンテンツを発信したい。企業様にもいろいろご提案したい」と挨拶。橋爪社長も「昨年11月から5時間生ライブ放送をスタートしたが、いろんなコラボレーションが生まれた。お笑いだけでなく、音楽なども新しい形で採り入れて送り出したい」と挨拶。桑原区長も「無限大の喜びを生むホールになってほしい」とエールを送った。

 続いて、番組「ヨシモト∞」のナビゲータを務める、ほっしゃん。とオリエンタルラジオの2組が登場。開口一番「今日楽屋入りしたら、偉いさんにいきなり“何億もかけて作ったんや”といわれ、いきなり借金背負わされた。馬車馬のように働いて返します(笑)。お客さんは無料なんで来てください(笑)」と笑いを誘う。「日本経済に貢献するぐらい盛り上げたい」と言いつつも「笑いは本番に取っておく」と、とりあえずは記念の挨拶のみ。

 しかし直後に、吉本の若手芸人30組が一挙に登場し、舞台は春らしく賑やかなお祝いモードに。若手といいつつも、すでにTVなどで見かける顔ぶれもチラホラ。全員参加で記念のくす玉を割り、新ホールオープンのファンファーレが鳴り響いた。これら芸人が毎日見られるのだから贅沢な話だ。

 最後には、ほっしゃん。、オリエンタルラジオを中心に、全員でガッツポーズ。新しいタレントとコンテンツを生み出す「笑いの生産工場」が力強くスタートした。

 「ヨシモト∞」の会場観覧は無料だが、事前の申し込み・抽選が必要なので、Webサイトで確認のこと。なおcasTYでは毎日無料配信中なので、まずはこちらで雰囲気を楽しんでほしい。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top