【WPC 2005】ナナオ、液晶テレビ「FORIS.TV」シリーズの新機種19型/26型などを展示 | RBB TODAY

【WPC 2005】ナナオ、液晶テレビ「FORIS.TV」シリーズの新機種19型/26型などを展示

IT・デジタル その他

11月8日発売予定の新型液晶テレビ2モデルを中心に展示するEIZOブース
  • 11月8日発売予定の新型液晶テレビ2モデルを中心に展示するEIZOブース
  • 26型の「SC26XD1」。カラーバリエーションはフォリスブルー、ブラック、シルバーの3色
  • 19型の「SC19XA1」。26型と同じ3色に加え「Indication WHITE」モデルとして淡色5色を揃える
  • ステージでは、デザインディレクションを手がけた川崎和男氏からのビデオメッセージも届いていた
  • こちらは従来機の「SC23XA1」。DVDプレーヤーを内蔵する
  • 10月26日に発売されたばかりのWUXGA(1,920×1,200)対応の24.1型液晶ディスプレイ「S2410W」
  • WSXGA+(1,680×1,050)対応の21.1型液晶ディスプレイ「S2110W」
 ナナオのEIZOブースでは、液晶テレビ「FORIS.TV」シリーズの新ラインアップとして、11月8日発売の19型モデル「SC19XA1」および26型モデル「SC26XD1」を中心に展示。

 FORIS.TVシリーズは、日本を代表する工業デザイナーである川崎和男氏がデザインディレクションを行っており、シンプルかつ機能的なデザインが特徴だ。SC19XA1はFMチューナーを内蔵しラジオを聴くこともできる。従来機「SC23XA1」のようなDVDプレーヤーは搭載しない。SC26XD1は地上波デジタルチューナーを搭載する。こちらもDVDプレーヤーは搭載しない。

 PC用の液晶ディスプレイもしっかりと展示されている。特に10月26日に発売されたばかりの「S2410W」の画質の美しさには目を見張るものがあった。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top