ネット向けドキュメンタリー「インターネットの夜明け」、5/23よりヤフーで無料配信 | RBB TODAY

ネット向けドキュメンタリー「インターネットの夜明け」、5/23よりヤフーで無料配信

エンタメ その他

「インターネットの夜明け」制作発表会で作品について語る、大和田廣樹氏、喜多埜裕明氏、司会の朝岡聡氏(右から)
  • 「インターネットの夜明け」制作発表会で作品について語る、大和田廣樹氏、喜多埜裕明氏、司会の朝岡聡氏(右から)
  • ポスターを掲げる大和田廣樹氏と喜多埜裕明氏
 ブロードバンドタワー(BBTower)とヤフーは、NHKエンタープライズの制作協力のもと、インターネット向けドキュメンタリー番組「インターネットの夜明け」を共同で企画・制作し、5月23日(月)より全インターネットユーザを対象に、Yahoo! JAPANで無料配信する。

 「インターネットの夜明け」は、インターネットの草創期からブロードバンド時代の幕開けまで、さらに一気に普及した日本のブロードバンド時代から今後の展望までを、藤原洋氏(インターネット総合研究所所長)、村井純氏(慶應義塾大学 環境情報学部教授)、石田晴久氏(東京大学名誉教授・多摩美術大学教授)、孫正義氏(ソフトバンク社長)ら日本のインターネットにおいて重要な役割を果たしてきた人々のインタビューを交えて描くドキュメンタリー。ちょうど、プロジェクトXのインターネット版といった印象の作品だ。

 慶應義塾大学三田キャンパスで4月7日(木)に開催された制作発表会では、作品のダイジェスト版が公開。また、ブロードバンドタワー(BBTower)代表取締役社長の大和田廣樹氏、ヤフー取締役最高執行責任者兼事業推進本部長の喜多埜裕明氏、慶應義塾大学環境情報学部教授の村井純氏、インターネット総合研究所(IRI)代表取締役所長の藤原洋氏が、作品について、日本のインターネットについて語るトークセッションも実施された。

 BBTower大和田氏とヤフー喜多埜氏によると、「この企画はもともと、昨年30本程のネットシネマを制作した実績のあるBBTowerが持ちかけたもの」(大和田氏)。これと、「今年サービス開始9周年を迎えるヤフーの、日本のインターネットの足跡を紹介したいという思惑が一致して実現した」(喜多埜氏)という。

 喜多埜氏は、「(インターネットの歴史を今振り返ることは)今後のインターネットの使い方を考えていくうえでも、非常に有意義なことだ」と語り、本作品への期待感の高さを伺わせた。

 作品は前編と後編の各々約120分からなり、5月23日に前編が公開され、7月1日に後編が追加公開。7月30までYahoo! JAPANにおいて無料配信される予定だ。
《編集部》

特集

page top